Latest Entries

「万引き家族」


観たいけど、朕は観られない。プアだから。
観る人たちより描かれている人たちに近い立場だから。
なので、予告編だけで 「万引き家族」 のサブスタンスを透視する。




透視しました。
これはたぶん、社会には 「関係」 というものがなかった。だから、「関係」 のために社会を捨てる、というお話ざます。

そして、もっと朕寄りな言い方をすれば、手前味噌100%だけど、少し前に朕が心をこめてトークしていた 〈原型〉チックなイメージのあれこれ、すなわち──
・暗くなってきたらおうちに帰る教
・朕が何回も何回も見た夢 「ドーター&ボーイを安心させるために電話したい。でも、すべての公衆電話のダイヤルが狂っている」
──などの延長線上にあるお話かもしれない。

果たして朕は千里眼か否か。

〈おまけ〉
でも、そういう 〈原型〉イメージの延長線上だとしたら、パルムドールの審査センスはちょっと眠いと思う。
「もはや万引き家族すらウソだらけ。実は関係なんてありませんでした」 だったら、「さすが是枝。さすがパルムドール。センス上等」 と思うけど。

そして。
是枝監督の 「年金不正受給事件の延長線としての万引き家族」 じゃなくて、 「1996年池袋の聖家族」 でパルムドールだったら絶対に観にいくと思う。売血してでも。

池袋母子餓死日記


・「池袋・母子 餓死日記」 ~ 【 全世界と朕のバラード 】
http://balladchingworld.blog.fc2.com/blog-entry-49.html








スポンサーサイト

私語・その2


渡辺哲夫 「知覚の呪縛」 の中に、精神分裂病患者 S が語る 「実人間」 というのが出てくる。
「私は実人間なんだそうです。実人間はオタチギエ (お立ち消え) できません。現われっぱなしです。実人間は、オタチギエは死ぬことなんです。……私だけ折りたためないで、ナクナレないんです。……鉄のような人間、鋼鉄棒人間、硬度人間、異常人間だそうです。……今の私が有り過ぎるんです」
ああ。私語だなあ。

で。
実は、朕たちの近くには、この S とおんなじような存在がいる。
「ネット上の永久記憶は実人間なんだそうです。実人間はオタチギエできません。現われっぱなしです。ナクナレないんです」

やはり S について言及している思想史家・市村弘正 (「名づけの精神史」) は、同著の中で、「オタチギエできない=狂気」 に対して 「一時の感情にとらわれ我を忘れてしまう=正気」 を対立させている。
「ああ」 と直感的に納得できる見解ざます。

というわけで、朕も、くるくるぱあ S 同様に私語したい。
「オタチギエ」 とは、つまり 「あーぱールックルック」 ざます。
あぱるくるく。あははははははははははははは。
失敬。


名づけの精神史





私語


朕は 「シンガー・ソンガー」 だったけど、「ミュージッカー」 としてのデビューはベーシストだった。

でも、のちに 「シンガー・ソンガー」 となり、さらに 「シンガー・ソンゲスト」 を志向した朕なので、ベーシストな朕についても 「ベーシスター」 か 「ベシスト」 と名のりたい。
ダースベイド奏者みたいな朕。鉤十字奏者みたいな朕。カッコイイなあ。

    *

すべてを私語にする。
朕の使命がわかりました。
もちろん、「知覚の呪縛」 のSにはかなわないけど。


知覚の呪縛


・「知覚の呪縛」渡辺哲夫
http://okirakukatuji.blog129.fc2.com/blog-entry-83.html





スマートフォン


めくら。
つんぼ。
てんぼう。

足だけ残ってる。
だから、最後はもがれてしまうのかもしれない。芳一みたいに。

というより、もしかしたら、最初から足が欲しかったのかもしれない。
「二度とお家に帰れないように」 ということなのかもしれない。


耳なし芳一


〈付記〉
お家にいるときと同じ気持ち・同じ格好で外にいる。
それは「どこでもお家」 ということざます。
そして、それは同時に 「外はなくなった」 ということざます。
そして、それは同時に 「お家はなくなった」 「ホームレス」 ということざます。






ホームレス


世の中には 「いったん家に帰る」 という習性をもっている人がそこそこいる。
で、そういう 「いったん家に帰る」 が壊滅したときに、世界が滅亡するのだと思う。

でも、滅亡しない。
なぜなら、AIがいるから。

AI はホームレスなので 「いったん家に帰る」 はできない。
だから、AI 以降、「いったん家に帰る」 はもっぱらヒューマンのすることざます。


家なき子


お金でがんばれ。








帰る教


「暗くなってきたら帰る教」 というのを作って布教する。

農民&土方向けというわけではない。
何業でも暗くなってきたら仕事おわり。帰っちゃう。

で、農民&土方以外の信者全員が失業する。
餓死する者とかも出る。

信仰の自由。人権。弾圧。自己責任。オウム。共謀罪。国家反逆罪。グローバル反逆罪。
いろんなワードが飛び交うであろう。

暗くなってきたから帰りたい。
誰でも思うことを言ってるだけざます。


千と千尋の神隠し

著作権、ハヤオ。さーせん。

〈おまけ〉
「暗くなってきたら仕事おわり」 は、いろんなプロブレムを解決する。とも思う。







ニコ


全人類の名前は全人類ぶんある。
でも、それらの名前のふりがなは 「こどく」 ざます。
だから、全人類の名前は偽名ということざます。


・「Afraid」 ニコ (1970)


---------------------------------
Cease to know or to tell or to see or to be your own
Cease to know or to tell or to see or to be your own
Have someone else's feel as your own
Have someone else's feel as your own

あなたが 「あなた」 を知ろうとすること、あなたが 「あなた」 を語ろうとすること、あなたが 「あなた」 を見ようとすること、あなたが 「あなた」 になろうとすることをやめる
あなたがなにかを感じるとき同時にそれを感じるあなたの方へ向かう

You are beautiful and you are alone
You are beautiful and you are alone

あなたは美しい そして孤独

Often the adolescent play reward your grace
Often the adolescent play reward your grace
Confuse your hunger catch the fake
Confuse your hunger catch the fake

あさはかな茶番が 「あなたは美しい」 をささえてきた
飢えを見失う からっぽで満たされる

Banish the faces reward your grace
Banish the faces reward your grace

「あなたは美しい」 をささえる 「あなた」 を追放する
---------------------------------


・「Song for Nico」 マリアンヌ・フェイスフル (2002)



---------------------------------
Born in 1938
A good year for the Reich
She could not participate
She didn't have the right
For she was fatherless in the Fatherland

Now it's 1966
Andrew's up to all his tricks.
And when Brian Jones is near
Nico doesn't feel so queer;
She's in the shit, though she's innocent —

Yesterday is gone,
There's just today — No tomorrow.
Yesterday is gone,
There's just today — No more ...

Now it's Andy Warhol's time
Mystic 60's on a dime.
Though she kinda likes Lou Reed —
She doesn't really have the need.
Already in the shit, though she's innocent

And now she doesn't know
What it is she wants
And where she wants to go
And will Delon be still a cunt
Yes, she's in the shit, though she is innocent

Yesterday is gone
There's just today
No tomorrow.
Yesterday is gone
There's just today
No more.
---------------------------------

なんか安いムードだなあ.....
アルバム 「ストレンジ・ウェザー」 (1996) のクルト・ワイルなダミ声にはまんまとだまされたけど、やっぱりマリアンヌ・フェイスフルは安い女ざます。結局。

でも。
このレクイエムの詞には、そういう安っぽさを突き抜ける殺意を感じる。

ちなみに、最初の 「the Reich」 は第三帝国で、最後の 「Delon」 はたぶんドロン。2番目の 「Andrew」 はわかんない。

でも、まあ、そのようなことはどうでもいいことざます。
「she was fatherless in the Fatherland」
「She's in the shit, though she's innocent」
ちゃんとなんにもわからなかったし、全部どうでもよかった、という歌なんだから。

〈追記〉
アンドリュー・オールダム。ローリング・ストーンズのマネージャー。






公衆電話


社というところに、外人として通っていた頃、朕は 「どうしても夕方6時までに帰らなければ」 だった。

だのに、今日は社の都合がちょっと長びいた。
これじゃ6時までに帰れない。
ドーター&ボーイのお腹がすいてしまう。

「ちょっとだけ遅くなるけどもうすぐ帰るから」
ふたりが困ってしまうといけないから、急いで電話しなければならない。

道すがら公衆電話を探す。
そして、公衆電話はいっぱいあった。
でも、公衆電話のダイアルやボタンが狂っていた。
すべての公衆電話のダイアルやボタンが完全に狂っていてまったく連絡できないのだった。

「ああ。どうしよう。ああ......」

社というところに通っていた頃、そういう夢を何回も何回も何回もみました。


ねじ式

著作権、つげ義春。さーせん。





あしたは


議員とか公務員とか隊員とか社員とか、いろんな 「員」 のわけのわかんない格式ばりが、あまりにもバカバカしくてあまりにも無内容すぎて大キライ。

そういう朕なので、女子どもがやるようなことしかしてこなかったし、したくないし、できない。
これがメンズ・リブでなくてなんだと言うのさ。

さらに。
ポリコレは実は、新手の 「員のわけのわかんない格式ばり」 なんじゃないかとも思う。

なんにしても、本当のあしたは 「員のわけのわかんない格式ばりが、あまりにもバカバカしくてあまりにも無内容すぎて大キライ」 の中からしか生まれないよ。と思う。

あしたはどっちだ。


おやめなさい

著作権、ちばてつや先生。さーせん。





自由


ミドルサイズの手鍋で 「野菜鍋」。 ひき肉50g入り。
味つけはその日の気分ざます。

続いて 「納豆ご飯」。 キムチ、お新香、ふりかけなどをそえて。

ほぼほぼ365日、ワンパターンで1日1食。
別にプアだからではない。
また、健康にはまったく気を使っていません。

ただただ自由だからざます。







しゅふ


「しゅふ (主婦・主夫) 応援!──1日4時間だから家庭との両立ラクラク。家事の経験を活かせます」

ポリコレとかダイバーシティなので、主婦は 「しゅふ (主婦・主夫)」 であります。
しかしながら、現在当協会に所属している 「しゅふ」 は 「主婦」 であります。
あくまでも当協会に限定される個別的事例でありますが。

相撲協会

欠ける


「コレを言ってる、ということは、当然ソレも言ってる。言ってないけど」 というのが朕のものの言い方ざます。

そして──
「コレを言ってる、ということは、当然ソレも言ってる。言ってないけど」 は ITな時代のものの言い方ざます。

朕は朕のことがよくわかってる。
暴力的。やさしさに欠けると思う。









国営


今日の午後は、朕の暮らすエリアのそこここで、ストレンジな感じの訪問販売員をたくさん見かけました。
サラリーマンっぽい服装なのにサラリーマンっぽくない。そういうストレンジでした。

定価1260円。
所得にかかわらず定価1260円。
少年ジャンプ定価260円のように。

彼らはたぶん集英社みたいな会社の販促スタッフでありましょう。
カバンには国営放送のロゴがあったけれど。


行商


〈追記〉
「受信税」。
あまりにもやさしさに欠けるので、一応ひとことそえておくのだった。





仕事と労働・その2


「もはや彼は狂っているのではないか」 みたいなことばっかり日々のたまっているのだった。
100人にむけて発すれば、即、100人に却下されるような言辞をくりかえす。
それが 「狂っている」。

きのうもいつもどおり狂っていた朕。
すなわち、「労働は収入を得るためにすること。しかし、仕事は収入を得るためにすることではない」。
ああ、狂ってるなあ......

だがしかし。
残念だけど朕は狂っていない。
そのことをいまからたった3行で証明してしんぜよう。

労働は収入を得るためにすること。
しかし、仕事は収入を得るためにすることではない。
なぜなら、仕事を最も象徴するおこないとは育児・家事だから。

(「お金があったら働かない。仕事をするから」 という話でもあります)


ベーシック・インカム入門



・「シオンの娘」 ~ 【 全世界と朕のバラード 】
http://balladchingworld.blog.fc2.com/blog-entry-612.html






仕事と労働


-----------------------------------
・「できる人材」 になる働き改革
http://news.livedoor.com/article/detail/14606020/
富裕層はほぼ例外なく仕事を楽しんでいます。 「お金があったら働かない」 というのは貧乏な人の発想であり、いかに仕事に没頭できるかが自分の能力を開花させ、収入を伸ばす原動力になります。
------------------------------------

バカがなんか言っているので 「仕事と労働のちがい」 という話をします。

まず仕事について。

仕事の場合、大事なのは、没頭に値することかどうか、ということざます。
没頭に値することかどうか、仕事と呼ぶに値するかことかどうかは、成果の公共性で測られます。

したがって、闇雲に没頭してアドレナリンとかを分泌してはいけません。それは仕事じゃなくてジャンキーだからです。
また、仕事は収入のためにすることではないので、闇雲に収入を伸ばしてアドレナリンとかを分泌してもいけません。それは仕事じゃなくてジャ (以下略)。
とにかく、仕事の場合、闇雲はダメざます。

続いて労働について。

労働は収入を得るため (生存するため) にすることなので、ここでいう仕事ではありません。
労働の場合、没頭できるようなら遠慮なく没頭しましょう。
労働はほぼほぼただのセックスなので、闇雲に分泌してもよし、ということざます。

ちなみに 「お金があったら働かない」 はひとつの正解であります。

(次回につづく)


分泌







# MeToo 2


「気持ち悪いエロおやじ」 のジェノサイド。
そのあとに残るのは 「気持ち悪いおやじ」。そして 「おやじ。気持ち悪い」 。

新しい 「# MeToo」 の誕生ざます。

詰め将棋


(ちなみに、朕は 「おじさんかおばさんかよくわかんないおやじ」 ざます)






FULL (60/40)


「一生を棒にふる」。
それは同時に 「FULL」 ということざます。

ジャンキーをちゃんとやって、自転車でマリ花を買いに行く途中で死んだニコは、生涯ちゃんとニコってた。
ニコのちゃんとにはとてもおよばないけど、朕は朕として 「まあまあ朕ってるかな」 と思う。








節約


「媚びる、という大人の能力はなくても済むはず。
だってテレビ局の記者だから。
だって出会い系女子大生だから」
── そういう節約。横着。貧困。

そして。
「媚びる、という大人の能力はないみたいだな。
でも、まあ、いいや。そこにいるし。
子どもでも、もしかしたら媚びるの真似くらいするかも」
── そういう節約。横着。貧困。

節約評論家

『ホンマでっかTV』 節約評論家・和田由貴先生





0/1


「正しい・コレクト = 善」 ならば、「善」 という言葉はいらないであろう。
当然 「悪」 もいらない。

いろんな言葉といろんなものが、「0か1か」 によってなくなっていきまっしょい。
心ある人たちの全員が 「それでいい」 と言ってるわけだから、なくなっていきまっしょい。







はじめの一歩 ── アラーキーの 「#MeToo」


---------------------------------
・アラーキーのミューズの 「#MeToo」
https://note.mu/kaori_la_danse/n/nb0b7c2a59b65

外にはいい顔をして、身内には一切気を遣わないという彼の本性が見えてきて、彼自身が公言しているように、ただ写真を撮れればいいだけで、その対象には実はなんの興味もなく、写真自体が本当に 「FAKE」 なのかなと実感を持ってうっすら気付いたのは、本当に、かなり時間が経ってからのことでした。
(略)
モデルとして16年やっても何も積み重ねてこれなかった。何も残らなかった。というのも、そもそもが空っぽだったからなんだとようやくわかり、納得もしました。アラーキーの写真が、深く理解できた気がしました。
---------------------------------


「そもそもアラーキーが写真にして定着させてきたもののサブスタンスとはなんなのか?」 がメイン・テーマかな。と思う。

末井昭が誰よりもよくわかっていたとおり 「荒木さんの写真じゃエロ雑誌は売れない。ヌケない。エロじゃないから」。
ゆえにアラーキーの写真は 「エロじゃない」。
そして、「エロじゃない」 は、ちょっとオツムの足りない末井昭 (笑) によるまだマイルドな形容でありましょう。

朕おもふに、アラーキーの写真は、「エロじゃない」 どころか 「ヒューマニティの埒外にあった。最初から」。
80年代、一番アグレッシブだった時期のアラーキーの写真を、「どうしても好きになれない」 と言うアート好きの女性はたくさんいたし、「全然好きになれない」 と思うアートなんか好きじゃない女性はもっとたくさんいたと思う。
厳密なことを言えば、アラーキーの “ミューズ” たちは、事前にアラーキーの作品を通して、無意識的にではあってもそういう 「酷さ」 すなわち 「ヒューマニティの埒外」 を感知していたはず。

というわけで、アラーキーに関してのみ、 “女性” 虐待のはじめの一歩はミューズたちによるものだった。のかもしれない。
そのへんの 「#MeToo」 とは別口で。


アラーキー







「この広い宇宙に三人だけみたい」


20年使った洗濯機 (4.2キロ) を処分した。まだ使えるけど。
新しい洗濯機は6キロ。やはり単身者向け。
でも、毛布などが洗いやすくなるであろう。
そして、たぶん、これが朕が買う最後の洗濯機になるであろう。

単身者のように小さな家族。
将来的にはもっと小さくなるであろう家族の話ざます。

無能の人




欲情


有史以来、ヒューマンがヒューマンに欲情できたためしはない。と思う。
ヘテロであれ、ホモであれ。

ヒューマンがヒューマンに欲情するためには、フェティッシュとかによって一方をヒューマンではないものにしなければならない。あるいは、一方がヒューマンではないものにならなければならない。と思う。

以上を否定できる場合、それはヒューマンとしてヒューマンに欲情できるヒューマンざます。
朕はそういうニュー・カインド・オブ・ヒューマンにはなれないだろう。

間違っている時代の間違っているヒューマン。
朕はそれでいいよ。


メルモ

著作権、虫プロ。さーせん。




マヌケ


VR (仮想現実)&AR (拡張現実) がなぜマヌケかというと、リア充を目指しているからざます。
リアでも非リアでもないブラン・ニューなリアルを仮想&拡張しなさい。

AI もおんなじ。
ぜんぶ過去形。せっかく新しい知性なのに新しい知性じゃない。

名誉白人か! ハードコア・フェミニズムか!
(ああ。難しいこと言っちゃった)


エクソシスト






飲食店


子ども食堂がまちがっていることに気づいた。

「子どもが来たらだまって食事を提供する」

すべての飲食店が、せっかく飲食店なのにそういう当たり前のことをしていない。
大人が全員バカ。
そういうことざます。

子ども食堂




「山の音」 尾野真千子&末井昭





かつて、いろいろなものが切ない感じでいろいろ間違っていて、そのぶんだけいろいろに価値があった。
でももう、ただ間違っているだけになった。ただ間違っていないだけになった。

間違いも正しいも無価値になった。ドッカーン。





その人


「名もなき家事」 になぜ名がないのかというと、「名もなき家事」 のサブスタンスが 「その人がその人であること」 だから。つまり、「名もなき家事」 とは 「名のありすぎる家事」 ざます。
そして、実をいうと、「名のある家事」 のサブスタンスも 「その人がその人であること」 ざます。

家事とは 「その人しか描けない絵」 であります。良くも悪くも。

というわけで、残念だけど、誰かの家事は誰も代行できません。
代行できる人がいるとしたら、それは 「その人の描き方」 を長い間ボンヤリと見てきた人たちざます。


クリエイターズファイル






ロックの名前


ロックというのは、そもそもの出自がバンド。
バンドだからバンド名がいる。

バンド名はロック・バンドにとって一番大事なものざます。
なぜなら、それがロックの名前ということだから。
「ロックの名前って、これだと思う」 ということだから。

日本のロック・バンドで一番かっこいい名前は 「裸のラリーズ」 ざます。

「裸のラリーズ」 という言葉には他義がない。そしてかっこいい。
つまり、ロックという意味しかない、ということ。

一番かっこいい名前は 「裸のラリーズ」 ざます。


裸のラリーズ






極道


----------------------------
・ 国道 (酷道)&県道 (険道) を歩け
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00010006-norimono-bus_all&p=1

「手垢の付いた 『酷道』 ではなく、自分で調べて、何があるのかわからないような 『険道』 を踏破するのが好き」
(略)
「険道」 には危険な場所もあり、立ち入り禁止となっている場合も少なくありません。(略)十分な装備をしたうえで、少しでも危険を感じた場合は撤退するよう、自重を心がけてください。
---------------------------


道じゃない。だから道。
アニマルズじゃない。 AI でもない。ヒューマンだからちゃんとくだらない。
そういうことざます。









子ども部屋


去年の春、四畳半からキャットが去って、「猫部屋」 からボーイの 「受験部屋」 になった。

で、ボーイの大学受験が終わったら、ドーター&ボーイがいっしょにいられる 「子ども部屋」 にしたい。
引越ししてかれこれ7年。
ようやく当初の予定通りの 「子ども部屋」 ざます。

ただ。
もう、ほとんど子どもじゃない。

破綻ざます。
ワード的な。サブスタンス的な。
責任者出て来~い、的な。

シングルマン




・サウンド・オブ “ サイレンス&ザ・キャット” 【 全世界と朕のバラード 】
http://balladchingworld.blog.fc2.com/blog-entry-182.html





発狂


「男の主語は男の話法 (思想) を限定してしまう。朕はすべての話法で話したい。だから朕」 みたいな話は前にしました。

なので。
日本語なら 「私」 「僕」 「オレ」。
外国語なら 「 I 」 (に相当する主語)。
とりあえず、それらの使用を禁止してみてはどうざんしょ?

「私」 や 「 I 」 がなくてもおんな子どもはたぶん困らないし、ダイバーシティみたいなケチくさい話でもありません。

シェー。


百鬼丸

* 著作権、虫プロ。 さーせん。





広い


こんな狭い家なのに、一歩あるくとすぐに仕事が発見される。

ママたちのように発見しなかったことにするメソッドも駆使している。
しかし、新しいのが発見される。狭いのに。

実存的に広い、ということかもしれない。
「実存」 という概念がなければ言いあらわせない広さ。果てしない感じだし。

サルトルとかカミュとかに 「ありがとう」 と言えばいいのだろうか。
「広くしてくれてありがとう」 と言えばいいのだろうか。

シーシュポスの神話






ボーイが保育園くらいのとき。

頭をどこかにぶつけて痛くて半泣きになっていた。
そして、「イテテテテ」 と正確に言っていた。

「かわいいなあ」 と思った。ママたちと同じように。
でも、朕はママたちじゃないから 「かわいそうだ」 とも思った。

それはボーイがボーイであるということで、オトコがでオトコであるということだったから。









バルバロイ


---------------------------------
・ “語彙力” ベストセラーの続編、発売
http://news.livedoor.com/article/detail/14266157/

語彙

<掲載例>
・拝読(はいどく)…「読んでおきます」 に感謝の気持ちをプラスできる
・失念(しつねん)…「本当は知っているんだけど」 という雰囲気を出せる便利な言葉
・所在(しょざい)ない…「何か仕事はありませんか?」 では大人として軽すぎる
・幸甚(こうじん)…「幸い」 よりも感情・品格をもう一段上で表現できる
------------------------------------

語彙力ではない。
あいかわらず生き残ってる変な力ざます。

フェティッシュが劣等なだけで、ことば自体に罪はないし、朕だって 「所在ない」 なんか は「いいな」 と思う。
そういう意味では 「拝読」 「失念」 は 「所在ない」 よりもっとかわいい。

ただ、「幸甚」 はほぼ廃人ざます。

廃人






奴隷


-----------------------
・うたのお兄さんが歌う 「あたしおかあさんだから」 にブーイング
http://www.huffingtonpost.jp/2018/02/04/atashi-okaasan-dakara_a_23352738/?utm_hp_ref=jp-homepage


「あたしおかあさんだから」

一人暮らししてたの おかあさんになるまえ
ヒールはいて ネイルして
立派に働けるって 強がってた

今は爪きるわ 子供と遊ぶため
走れる服着るの パートいくから
あたし おかあさんだから

あたし おかあさんだから
眠いまま朝5時に起きるの
あたし おかあさんだから
大好きなおかずあげるの
あたし おかあさんだから
新幹線の名前覚えるの
あたし おかあさんだから
あたしよりあなたの事ばかり

(略)

Twitterでは楽曲のタイトルをもじって 「#あたしおかあさんだけど」 というハッシュタグが作られ、「おかあさんだけど」 好きなことをして、あらゆる生き方を楽しんでいる様子をポジティブに伝えるツイートが相次いで投稿された。
-----------------------

モチベーションというものは自由の中では成立しない。普通は。
それが大前提ざます。

ゆえに、「あたしおかあさんだから」 も 「好きなことをして、あらゆる生き方を楽しんでいる様子」も 、不自由によってようやく成立しているわけざます。

奴隷同士なのだから、なかよくしてほしい。


抵抗


〈おまけ〉
「モチベーションは自由の中では成立しない。普通は」 は、「モチベーションを自由の中でクリエイトできる普通じゃない人はすごく少ない。それはきわめてブラン・ニューな種類のモチベーションだから」 の婉曲表現ざます。ガチョ~ン。







方言


朕は北関東の 「だんべ県」 出身だけど世間的には全然なまってない。
でも、ドーター&ボ-イになにか言うときには100%なまっている。
感情がはいるから。

「なんだい、どしたんだい? 具合わるいんかい?」
「早く食べな。冷めっちゃうよ」
「そんなシャッツ一枚で寒くないんけ? 寒かんべ?」

差別。

そして、そのような意味合いにおいて、「朕」 「ざます」 によるトークも方言 (差別) ざます。意識的な。


鎖陰


ポリコレとかコンプラって、実は、「そういう差別をしてもらえない」 という怒りが含まれてるような気がする。






数えない


朕はお金持ち。
たぶん1億円くらい持ってる。貯金箱がでっかいブタ (ハンプシャー種・原寸大) だから。

ちゃんと数えたことはない。お札と小銭がいっぱいでめんどくさいから。
そして、誰かに (銀行さんとかに) ちゃんと数えてもらいたいとも思わない。
数えてもらっても、そもそも朕が数えてないんだから、あってるのかどうかわからないから。









HOW TO BE BIG


記録的寒波。
& こたつしかない部屋。
& デスクトップ・パソコンによるお仕事。

冷たい。指が。足が。

しかし、このエポックを乗り切れば、「2018年の冬以外冬ではない」 という1ランク上のステージが約束されている。
今クール、だれもが BIG になれるはずざます。


成りあがり








スーパーカルト


--------------------------
・西原理恵子 子育ての結論 「放棄」
https://dot.asahi.com/dot/2018011800066.html?page=1
「やることを増やすより、引き算ですよ! 家は汚れてていい。風呂も入んなくて良くない? 勉強もオール1じゃなければいいやってぐらいの発想にしませんか」
--------------------------

朕の場合、子育て以前に朕の世界観が引き算ざます。引き算原理主義。
だから当然子育ても原理主義。 「しませんか」 ではなく 「戒律」 としてずーっとしている。

家は汚れてていい。ときどきテキトーに掃除すれば。
お風呂は夏以外は一日おきで十分。夏はシャワー・オンリー。勝手に浴びたまえ。1年中毎日お風呂に入るやつはカルト。徹底的に修行してよし。
勉強は、オール1みたいな人とオール5みたいな人だったけど、だからどうなるものでもない。「だからどうなるものでもない」 なゾーンに入れ込むやつはカルト。徹底的に修行してよし。

なんにも修行しない。いろんなことをすごくしない。やめる。積極的に。
それが朕のスーパーカルト。

修行






百科全書


-------------------------------------
・アニメやアイドルにお金を注ぐオタ女 『浪費図鑑』
http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/16/rohi-zukan_a_23335251/?utm_hp_ref=jp-homepage

自分がお金を払ったチケットのミュージカルの上演日やグッズが販売される日まで、頑張って働く理由ができるし、「そこまでは死ねないな」 って思う (笑)。 生きる意味ができるって、みんなよく言います。

「浪費図鑑」

-------------------------------------


「生きる意味ができる」 は、「その世界に引きこもることができる幻想文学を見つけた」 ということ。
そして、幻想文学は、政治・経済・ライフ・カルチャー etc 、全方位をカバーする百科全書ざます。

だから、どんどん浪費したまへ。ハマりたまへ。
あしたも生き生きと働く人とか賢くお金もうけをする人とか戦争する人とかとおんなじざます。な~んの問題もありません。

で、朕はめんどくさいことがキライなので、ダイレクトに幻想文学を読む人ざます。

久生十蘭







70年代・冷気・その歌 5


「外出ばなれ」 「恋愛ばなれ」 「会話ばなれ」 「会社ばなれ」 「クルマばなれ」 「お酒ばなれ」 ───
いまの若い子たちのいろんな 「ばなれ」 は、ちょっと70年代のシラケに似てる。

そして、70年代のシラケをやさしく包んでいたのは、残酷に包んでいたのは、70年代のこの歌のような冷気だったと思う。




「Fast Train」 AK 柿原朱美 (1998)......。

ふざけ始めたわね、やっぱり。
いつだってそう。あなたはそういう人なの。

.......... これで終わりざます。





70年代・冷気・その歌 4


「外出ばなれ」 「恋愛ばなれ」 「会話ばなれ」 「会社ばなれ」 「クルマばなれ」 「お酒ばなれ」 ───
いまの若い子たちのいろんな 「ばなれ」 は、ちょっと70年代のシラケに似てる。

そして、70年代のシラケをやさしく包んでいたのは、残酷に包んでいたのは、70年代のこの歌のような冷気だったと思う。




「蜃気楼」 萩原健一 (1978)







70年代・冷気・その歌 3


「外出ばなれ」 「恋愛ばなれ」 「会話ばなれ」 「会社ばなれ」 「クルマばなれ」 「お酒ばなれ」 ───
いまの若い子たちのいろんな 「ばなれ」 は、ちょっと70年代のシラケに似てる。

そして、70年代のシラケをやさしく包んでいたのは、残酷に包んでいたのは、70年代のこの歌のような冷気だったと思う。



「太陽の鉛筆」 坪田直子 (1976)






70年代・冷気・その歌 2


「外出ばなれ」 「恋愛ばなれ」 「会話ばなれ」 「会社ばなれ」 「クルマばなれ」 「お酒ばなれ」 ───
いまの若い子たちのいろんな 「ばなれ」 は、ちょっと70年代のシラケに似てる。

そして、70年代のシラケをやさしく包んでいたのは、残酷に包んでいたのは、70年代のこの歌のような冷気だったと思う。




「都会」 大貫妙子 (1977)


「その日暮らしはやめて うちへ帰ろう いっしょに」
あまりにも空疎なことば。
その空疎を誰よりも切なくかみしめていたのは歌っていた本人でありましょう。





70年代・冷気・その歌 1


「外出ばなれ」 「恋愛ばなれ」 「会話ばなれ」 「会社ばなれ」 「クルマばなれ」 「お酒ばなれ」 ───
いまの若い子たちのいろんな 「ばなれ」 は、ちょっと70年代のシラケに似てる。

そして、70年代のシラケをやさしく包んでいたのは、残酷に包んでいたのは、70年代のこの歌のような冷気だったと思う。




「冬の地下道」 佐井好子 (1975)





バカちゃん


-------------------------
・赤ちゃんにも善悪がわかる
https://www.cnn.co.jp/fringe/35045208.html

人間の脳には生まれつき道徳観念が組み込まれており、赤ちゃんや幼児でさえ、他人の行動の善悪を判断できる。そして、善行に報い、悪行を罰したいと自然に欲するものなのである。
(略)
他人が坂を上るのを手助けするような善人役の人形と、逆に坂から突き落とすような悪人役の人形とを対照させて上演。赤ちゃんの表情や行動を見て取ることで、どのような道徳判断を下しているのか分析した。
結果として判明したのは、生後3カ月の赤ちゃんですら、善人役の人形を好むということだ。
------------------------


そもそもなんの目的もなく坂をのぼってるバカがバカざます。

坂をのぼるためには理由がいる。
イケてる理由もあれば外道な理由もあるので、サポートするか阻止するかは理由しだいざます。
そして赤ちゃんにはそんなことわかんない。

というより、朕は、「なんかここから先は上へいってるな..........のぼろう」 みたいな気の毒な状態が一番好きざます。
そしてそれが赤ちゃん。なんの目的もなく坂をのぼるバカ。
ゆえに実験の赤ちゃんは、上へ行かせたかった (!) だけざます。たぶん。


ニルヴァーナ






短波




「Of Rivers and Religion」 ジョン・フェイヒイ (1972)

美しい。なぜなら死だから。

ボリュームをしぼりたまへ。
聞こえるか聞こえないかくらいの音量で、聞こえないように聞くべきざます。
短波のように。遠くから聞こえるラジオのように。

世界がのろま&能なしでいっぱいになればいいと思う。
君だってのろまになれる。能なしにだっていつかなれるさ。
あきらめるな。



「The Transfiguration of Blind Joe Death」 ジョン・フェイヒイ (1965)



搾取


------------------
・「絶対に笑ってはいけない」 浜ちゃんのエディー・マーフィーは黒人差別なのか
http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/05/gakitsuka-black-face-bbc-nytimes_a_23325586/

日本在住の黒人作家、バイエ・マクニールさんは 「#日本でブラックフエイス止めて」 とTwitterに投稿した。
------------------

黒人にはウケなかった。スベった。
そういう課題。そしてその課題は浜ちゃんたちに帰属している。

帰属しているのだから、外野が勝手な烙印を押して奪取してはいけません。
また、船とかで新しい大陸とかに連れ去ってはいけません。

搾取



晴れ着


成人式。

昨年中のはやいうちに、知らないうちに、ママが仕切ることになっていた。
スマートな通信によってそういうことになっていた。

だから朕は関与できなかった。
ドーターの晴れ着は見られなかった。

残念。


成人式









ニッチ


・その1

朕は過去2回 「読者をコンサートにご招待」 に当たったことがある。

1回目は、「いとしのエリー」 発表直後のサザンの栃木県宇都宮市公演。
栃木市の高校生なのに 「ぴあ」 を読んでて当たった。
誰も応募しなかったんだと思う。

2回目は、まだ売れる前のハードコア・レゲエだったアスワドの来日公演。at 渋谷公会堂。たぶん初来日公演。
大学生のとき 「ロッキン・オン」 で当たった。
誰も応募しなかったんだと思う。

ニッチだなあ。

いとしのエリー

アスワド


・その2

大学の夏休みの帰省中。
メジャー・デビュー直後のザ・スターリンがなぜか家の近所の栃木市民ホールに来た。

スターリンがやって来る。ブタ! ブタ! ブタ!
観客10人くらい。
遠藤 “ブタの内臓” ミチロウは魚を1匹だけ投げていた。
100人なら10匹だったのかもしれない。

途中、ケーブルかなんかのトラブルがあって、間が持たなくなったらしく、福島なまりで 「コードでマスかくなよ」 と言っていた。

ニッチだなあ。

スターリン





「君の名は」



君の名は


テレ朝。「君の名は」。

ラブっぽいシーンにミニー・リパートンの 「Lovin` You」 が流れてラブなシーンということになる。
そういうおこないを倒錯といいますが、そういうおこないは現在のそうとう劣っている世の中ではごく普通のことなので、「君の名は」 は普通の劣っている映画ざます。

ラブっぽいシーンにミニー・リパートンの愛の歌が全力で流れます。





「シン・ゴジラ」 に続き 「君の名は」 も、ただただ現在の貧困でしかなかった。残るは 「この世界の片隅で」 か。
テレ朝・日テレ、早くしろよ。


 * * * * *


《おまけ》
「シン・ゴジラ論 ─── 朕がおともだちに 「シン・ゴジラ」 についてコメントしたそのまんまの巻」

「シン・ゴジラの主人公は “有事対応のしかた” だった。でも、そんなの映画じゃないよ」── ということを、とりあえず、「十二人の怒れる男」 と 「シン・ゴジラ」 のちがいで説明します。
(ちゃんとした映画なら 「十二人の怒れる男」 以外のどういう映画でもでいいんだけど)。

「十二人の怒れる男」 が審陪員裁判というシチュエーションを用いて描写していたのは人間および人間模様です。審陪員裁判制度ではありません。
それに対し、「シン・ゴジラ」 が有事対応というシチュエーションを用いて描写していたのは有事対応そのものだったと思います。
なぜなら、「十二人の怒れる男」 の登場人物には感情移入できる。好きになったりきらいになったりできる。でも、「シン・ゴジラ」 の登場人物にはほぼほぼ感情移入できないから。

なぜ感情移入できないのか。
それは、「シン・ゴジラ」 の登場人物が有事対応のための 「機能」 としてしか描かれていなかったからだと思います。
そして、「シン・ゴジラ」 の登場人物が 「機能」 としてしか描かれていなかったのは、作り手が 「シン・ゴジラ」 において最も描きたかったものが有事対応そのものだったからだと思います。
(そして、そういうノー・ヒューマンな視点こそが 「シン・ゴジラ」 の 「シン」 たる所以なのだと思います)

で、最も描きたかったものが有事対応そのものであるなら、それは登場人物 (ゴジラとかゾンビとかも含む) や人物模様や世界模様というようなものを描く 「映画」 である必要はなく、防衛省監修の 「有事対応シミュレーション・ビデオ」 でいいじゃんかということです。
もちろん、防衛省監修のビデオにはゴジラは出てこないけど。


有事





«  | ホーム |  »

2018-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

朕

Author:朕
オーチン・ハラショー。朕ざます。
朕は、麻呂や主のようなものざます。
東京都在住。朕&ドーター&ボーイ。3人暮らしの朕ざます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR