Latest Entries

「時をかける少女」


時をかける少女


金曜ロードショー 「時をかける少女」。
ずいぶん前にも見たので2回目。
そして2回目のしょんぼり。

物語のはじまり。
主役の女子高生1名と男子高校生2名はなかよしで、いつもキャッチボールとかをして遊んでいる。

メチャクチャざます。
この感じのメチャクチャは、ある時期以降 ── たぶん80年代以降 ── いろいろなことがウヤムヤになっていく中で 「ごくナチュラルなこと」 みたいになってしまったメチャクチャざます。

ヒューマンは理由があって集うもので、理由もなく集うことはできない。
だのに、細田守監督は理由もなく3名を集わせて理由もなく始まる。なかよしなので。

ドラマツルギーの当たり前をあっさりとスルーしてはじまる 「時をかける少女」 は、本当は始まりようのない物語ざます。
月並みなラブコメ・アニメなら朕だってうるさいことはいわない。
でも、「時をかける少女」 ざます。アニメのお約束スタートじゃダメざます。

細田守監督 「時をかける少女」 0点。


〈おまけ〉
「女子高生1名と男子高校生2名はなかよしで、いつもキャッチボールとかをして遊んでいる」 は、ジェンダー・フリーな現在を示唆している、という言い方もできる。
でも、そういうジェンダー・フリーはただの 「750ライダー」(!) なので、別に現在を示唆していない。

750ライダー





スポンサーサイト

あきらめない


有史以来いろいろなバカや失敗があって、いろいろなバカや失敗にはいろいろな犠牲者たちがいたと思う。
そして、そういういろいろな犠牲者たちは、だいたい 「あきらめるしかない」 だったと思う。

でも、ある時期から 「絶対にあきらめない」 になった。「絶対にあきらめてはならない」 になったと思う。
急になったと思う。

万引き家族

この世界の片隅に




拾わない


「万引き家族」 を見ないまま 「万引き家族」 の話。

「万引き家族」 は、ある意味では、「万引してるから捨て子を拾える」 というお話、つまり 「捨て子を拾える。なぜなら拾えるゾーン (万引きなゾーン) にいるから」というお話でありましょう。

そして、「捨て子を拾える。なぜなら拾えるゾーンにいるから」 は、イコール 「拾わない・拾えないゾーンとは何か」 でありましょう。

ということは、「万引き家族」 を叩いているネット右翼は、「拾わない・拾えない」 大多数の代表格、つまり一番バカ正直な人々ということでありましょう。

ちなみに、朕は拾えます。
リベラルであるはずもない、ボンヤリとしたゾーンにず~っといるから。


この世界の片隅に

写真は、この世界の片隅のボンヤリ。
著作権、TBS。さーせん。






この世界の片隅の、この世界の片隅に


TBS日曜劇場 「この世界の片隅に」 スタート。
お茶の間以上な内容であれば、「ホンマでっかTV」 と 「水曜日のダウンタウン」 と 「モヤモヤさまぁ~ず2」 と 「神田松之丞 問わず語りの松之丞」 しか楽しみがない朕の唯一の楽しみになるでしょう。

本当はマンガか映画がよかった。
でも、「この世界の片隅に」 は 「何でも使うて暮らし続けるのがうちらの戦いですけえ」 だから、日曜劇場 「この世界の片隅に」 が一番正しい 「この世界の片隅に」 でありましょう。

節約評論家

「ホンマでっかTV」  節約評論家・和田由貴先生






非常・識


とても暑いのでなにもしない。
あるいは、とても暑いので休みます。
あるいは、とても暑いので閉店ガラガラ。

誰も教えてくれない。そして、たいへんに勘が鈍い。あるいは頭が悪い。
そのため 「非常時は常時の中にしかない」 という当たり前をゲットできないままグローイン・アップ。あるいはゴーイン・オン。

そういうグローイン・アップ&ゴーイン・オンがゴーイン・オンしているうちは、パワハラもセクハラも、その他もろもろもなくなりません。

残念でした。
「吠えない犬は犬じゃないんだ」 そうです。





〈かいせつ〉
被災者とかがたくさん出ているうちはパワハラとかがなくならない、という話ざます (!)







夫婦別姓のこと


「姓 苗字 反対」 でサーチ。
するとノー・ヒット。

しょせん、その程度の発想ということざます。

トランプならトランプでいいじゃないか。
「アンチ・リベラル=悪」 じゃないし。


アメリカ・ファースト







OSHI の世界


いまだ意識化されていない大きなストレスを意識化する。
というより、してもらう。朕だけが意識化じゃイヤだから。
そういうはた迷惑。

この前、その1として 「通勤」 を挙げました。
今日はその2として 「日本の男性の 主語にまとわりつく不安」 を挙げておきます。

朕は、あの不安 (!) について全男子にたずねてみたい。
たぶん全員が OSHI になっちゃうと思う。ざます。





・ Paint it BLACK   ~ 【 全世界と朕のバラード 】
http://balladchingworld.blog.fc2.com/blog-entry-611.html

・ 発狂   ~ 【 全世界と朕のバラード 】
http://balladchingworld.blog.fc2.com/blog-entry-844.html





お前ということ


暑いとき、朕はなんにもしない。
すると、そんなに暑くない。
しなければならないことがあっても積極的にしない。
結果、朕はそんなに暑くない。

暑いからなんにもしない。それが 「まとも」 ということざます。

暑いところへ出かけて行ったり、暑いのにいろんなことをして 「暑い」 と言う。
それは 「暑い」 ではなく、「お前ということ」 ざます。

「ものごとには順序がある」 という話でもあります。


順序





因果


「因果」 の対義語とはなんざんしょ?
朕おもふに、その対義語こそ全世界の形容ざます。

残念ですね。
残念でした。

因果

著作権、さくらまる子ちゃんのクラスメイト。さーせん。





あなたが思うよりも


当初 「在宅デザイナーとクリーナーのWワーク」 と思っていたけれど、だんだん 「在宅デザイナーと在宅クリーナーのWワークかもしれない」 という気がしてきました。

朕のポテンシャル (横着) をなめていたちょっと前の朕があさはかだった、ということざます。




“あなたが思うよりも人生は短く あなたが思うよりも果てしもない”






2250円。この世界の片隅の


朕の住まいから歩いて3分のクリーンな会社から、クリーナー・朕にニュー・オーダーあり。
毎日買い物に行くコープの近くにあるマンションの階段クリーニングざます。

「月2・3回。時間は自分の都合でOK。2・3回だし1時間くらいで終わっちゃうから時給2250円」 とのこと。

買い物があるからOKざます。

小商いのすすめ

「小商いのすすめ」 平川 克美
https://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E5%95%86%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81-%E3%80%8C%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%88%90%E9%95%B7%E3%80%8D%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%8C%E7%B8%AE%E5%B0%8F%E5%9D%87%E8%A1%A1%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%B8-%E5%B9%B3%E5%B7%9D-%E5%85%8B%E7%BE%8E/dp/4903908321





裁量労働。この世界の片隅の


朕のマンションのクリーナーである朕 (!) は、すべてをまかされている朕ざます。
ゆえに、タイムカードも出勤チェックもない。

一週間を 1サイクルと考えて、その日するべきことをする。するべきことが終わったら、それが帰るときざます。

結果、本日は植物にお水をやって帰ってきました。
15分。2400円。
時給で言うと9600円ざます (!)


裁量労働制






自転車屋


今日は自転車のパンクを直しました。
ちょうどいい感じの雨曇り。肌寒り。
汗もかかず蚊にもさされず、ものの30分で完了。

かれこれ10年弱、朕のトラフィックは自転車オンリー。
それですむゾーンだけに生きる、という宗教 (!)

そのようなスーパーカルトによって、パンク修理はすでに朕の特技ざます。
ありがとう、宗教。
信じるものの来世は自転車屋ざます。

パンク修理



〈おまけ〉

シュールリアリズム

「手術台の上のミシンとこうもり傘の偶然の出会いのように美しい」 という宗教の写真。
by マン・レイ feat. ロートレアモン。






到着。この世界の片隅の


起床時間が何時であろうとも、朕は深夜3時ごろまで起きている。
さらに、今朝はアラームをかけ忘れていた。

目が覚めたら7時45分。
8時からクリーナーざます。

でも到着。7時55分に。

瞬間移動。
いや、限りなく到着に近い横着ざます。

五分後の世界

・横着。この世界の片隅の  ~ 【 全世界と朕のバラード 】
http://balladchingworld.blog.fc2.com/blog-entry-882.html

           *

バリア・フリー。ジェンダー・フリー。なんとかフリー。
テーマによらず、意識化されていない大きなストレス・小さなストレスを、意識化してカットする。
たとえば、通勤をカットとか。

そして、そういうカットは、初期的には 「自分がカットされる」 ということと同義であります。






いしだあゆみ


「ありがたみ」 というベクトルで、ありがたみの申し子・ショーケンに勝 (まさ) っております。
御大切 (ごたいせつ) という言葉を思い出しました。




・ 「御大切」
https://www.weblio.jp/content/%E5%BE%A1%E5%A4%A7%E5%88%87





歯がない


-----------------------
Q
なぜ競馬場や競艇場などの公営ギャンブルを行う場所では歯のない おっさんがいるのですか?
A
歯が無くても不便じゃない。
歯医者に行くお金があるなら、競輪競馬に使いたい!
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12184480742
-----------------------

ずっと不思議に思っていた。
言われてみれば当たり前の理由ざます。
朕も 「歯医者に行くお金があるなら、焼酎4リットル買いたい」 と思うタイプだし。

歯医者は千円単位だけど馬券は百円単位という、構造的な理由もあると思う。


〈おまけ〉
朕は入れ歯の滅亡後、前歯が1本なかった。10年間くらい。
「歯医者に行くお金があるなら、焼酎4リットル買いたい」 だから。

黒猫白猫

でも、一昨年歯医者に通ったので今は前歯があります。
残念でした。





いい悪い



池の水ぜんぶ抜く

http://www.tv-tokyo.co.jp/ikenomizu/


生態系の滅亡とはブランニューな生態系の誕生ざます。

いらないワード 「生態系」 をカットしてしまえば、事態はより一層シンプル。
すなわち、滅亡は誕生。

そして、誕生には、いい誕生も悪い誕生もない。

〈付記〉
ネオリベラリズムには 「いい悪い」 がない。
では、「いい悪い」 のある 反ネオリベラリズムの 「いい悪い」 とはなんざんしょ ── という話でもあります。


・オリジナル  ~ 【 全世界と朕のバラード 】
「反ネオリベラリズムの いい悪い とはなんざんしょ」 みたいな話。たぶん。
http://balladchingworld.blog.fc2.com/blog-entry-898.html







横着。&横着。この世界の片隅の


今日はクリーナー最後の日。

朕のマンション (!) に出向いたところ、道具置き場に見知らぬ存在が存在していた。見たところ新品の道具類や消耗品などを持ち込んでいるようだった。

     *

存在 「あ。すみません。私、クリーナー系の弊社の者です。はは。はは」
朕在 「朕はクリーナーざます。そして、今日までのクリーナーざます」
存在 「え。今日まで? おかしいなあ。今日から弊社と聞いておりますが」
朕在 「朕だって朕の弊社から今日までと聞いているので、今日までのクリーナーざます」
存在 「そ、そうですか。それではちょっと確認してみます。すみません。はは。はは」

かんたんにあやまる存在。テレフォンする存在。

存在 「うーん、たぶん連絡のいきちがいがあるようですねえ。どうしましょうか......」
朕在 「朕はクリーナーざます」
存在 「あ。そうですね。とりあえずやりましょう。私もやりますので」

いくばくかの経過。

存在 「あ、あの、すみません」
朕在 「なんざます」
存在 「あの、ちょっとヘンなお話になってしまうのですが.........今後もこちらでクリーナーを継続してはいただけないでしょうか? はは。はは」
朕在 「.......」
存在 「可能でしたらということですが。どうでしょうか? はは」
朕在 「そっちの弊社で?」
存在 「はい」
朕在 「.......」

朕在 「いいよ。朕はクリーナーだから」

     *

というわけで、朕の 「横着。この世界の片隅の」 は誰にも止められない。
そのような実相が明らかとなった。




「アイツのテーマ」  ゆらゆら帝国

山を前に登りもせず 川を前に渡りもせず
橋のない湖にたちすくむ

壁の前でへこんでいる なくなりそうな君が好きさ
消える前にこの手で消してやる





ジャマ


技法をあみだす、ということは楽しいことざます。

朕は 「技法をあみだす快楽に生きる者」 なので、「技法をあみだす快楽を知らない者」 が 「技法をあみだす者」 のジャマをしちゃダメだよと思う。
別に「技法をあみださない者」 をバカにはしないけれど、ジャマしちゃダメよと思う。

なんの話かというと、、朕がクリーナーをやっているマンションのオーナーが、突然オーナーをやめちゃった (マンションを売っちゃった) という話ざます。


普通の人々


・横着。この世界の片隅の ~ 【 全世界と朕のバラード 】
http://balladchingworld.blog.fc2.com/blog-entry-882.html





才能


----------------------------
・子どもの “本当の” 才能を見つけ、伸ばしていくこと
https://toyokeizai.net/articles/-/225738

才能というのは、表面的に目に見える部分にあるのではなく、その裏にあります。子どもがのめり込むものの 「裏」 にあるのです。
たとえば、松本さんのお子さんのように野球にはのめり込む子がいたとします。その様子を親が見たときに、「将来はプロ野球選手!」 と考える前に、「なぜ、この子は野球が好きなのか?」 「野球のどこに魅かれているのか?」 という視点を持って少し考えてみましょう。そうするとさまざまなものが見えてきます。
----------------------------

才能というのは、表面的に目に見える部分にあるのでもなく、その裏にあるのでもありません。
だから、さまざまなものなどを勝手に見てはいけません。

才能とは、のめり込めるということそれ自体ざます。
つまり、才能とは 「快楽を自力でクリエイト&ゲットしてしまう能力」 のことであって、それ以上でもそれ以下でもありません。

松本さんのお子さんは、すでに快楽を自力でクリエイト&ゲットしております。
その上で、松本さんや記事の人が 「もっともっとなにかをゲットさせたい」 と考える場合は、早めの通院をおすすめします。


on air






塩 (さんずい)


「私語の世界」 リターンズ──

塩の容れものを新しくしたので、ドーター&ボーイがすぐわかるようにマジックで 「塩」 と書いたら、「塩」 の左側が 「つちへん」 ではなく 「さんずい」 になっていました。

「あ......」 と思ってながめているうちに、「さんずい」 の方がズバ抜けてかっこいいことに気づきました。
また、幸いなことに 「お筆先」 という概念も知っていました。

── というわけなので、朕の 「塩」 は 「さんずい」 ざます。

洸






最低ランク


彼岸なトークが続いている。
朕の周囲に 「ひと」 はいるんだろうか。

孤独だ。ちょっと歩み寄ろう。

以下は、以前の記事の抜粋ざます。
「ひと」 でも理解できるセーフティな内容ざます。

-------------------------
ヘイトなスピーチ。ラブなスピーチ。どんなスピーチがあってもいい。
味わいがあれば。
でも、ほとんどがノン・フレイバー。無味無臭。

憎んでるだけ。愛してるだけ。怒ってるだけ。微笑んでるだけ。
それだけでおもてに出て来られても困る。
なぜなら、いきなり丸裸で仁王立ちされても反応できないから。

反応できない。で、気まずくなる。で、そのあとそんな自由気ままな人生のヤツに腹が立ってくる。
おふとんの上に横たわる巨大なマグロを発見したとき、だいたいの男は性暴力っぽくなってしまう。

基本的人権は大切だろうけど、そこにオートマチックにマナーやテクニックがついてくるわけじゃない。
マナーやテクニックは、センスや訓練によってゲットするものざます。
もちろん、どうしてもゲットできないという場合もある。どうしてもバカという場合も普通にある。
それはそれでしかたがないことで、そういう場合のためにあるのが人権という 「最低ランクの権利」 ざます。

動物愛護

-------------------------

よかった。朕は 「ひと」 ざます。トークはひとでなしだけど。
じゃあ、また彼岸で会おう。





ぽにんちん


私語の世界 by 朕 。
その2回目。

・ぽにんちん

ぽにんち国の人 (日本人) の意。


グラスの中の

著作権、六郎。ごめんさない。






ぽにんち


折にふれ、「私語の世界 by 朕」 の一端とか片鱗とかを公開していく。
その1回目。

・ぽにんち

「日本」 の意。

小便小僧





私語の世界


朕はすべてのトークを 「朕の私語・朕の方言・朕の隠語」 によってトーキンしたい。
なぜなら、私語・方言・隠語こそがボキャブラリーと呼ぶに値するボキャブラリーだから。

そして。
そのようなソリッドなボキャブラリー・ゾーン、すなわち 「私語の世界」(!) は、サブスタンスとしては犯罪であります。


抜髪







オシャカ


「玉袋筋太郎」 を 「大金玉袋青筋太郎」 と呼ぶ。
そういう人に朕はなりたい。

と思ったけど、実はとっくの昔になっていました。
そういう気づき。倒錯。

つーか、もはや、ただの健忘。オシャカ。
そういう悲しみ。
そういうありがたみ。
「さーせん&THE あざーす」 みたいな。

玉袋筋太郎






まちがおう


「おはようございます」 とは 「まちがえます」 というおことわりざます。
「おやすみなさい」 とは 「まちがえました」 というお詫びざます。


くまちゃんのいちにち

「ことばのべんきょう 〈1〉 くまちゃんのいちにち」 かこさとし。
あしたもちゃんとまちがおう。






オリジナル


個々人の顔や名前。
それすなわち個々人の資質と歩き方・来し方。
それすなわち結果としての逃げられない今。
それすなわち運命。

そういう運命に由来するハート。
そういうハートに由来するまちがい。
まともなヒューマン・ライフというのは、そういう 「オリジナルなまちがい」 でありましょう。基本的には。

その証拠に、正解には 「オリジナルな正解」 というものはありません。正解は顔や名前というものを必要としておりません。
顔や名前が必要とされるのは犯人だけざます。


万引き家族

*著作権、まんぐり家族。さーせん。






そしてペラくなる


フジテレビ 「そして父になる」。

悪くはなかった。
でも、事前に思っていた以上に紋切り型すぎるキャラクターズが残念だった。
ママたちはまだしも、福山&リリーは図式でペラかった。
せっかくの大テーマなのに、どうしてそういうイージーライダーをするかなあ、と思った。

だから 「万引き家族」 もペラいかもしれない。予告編のリリーはちょっとやりすぎてるし。
とりあえず安藤サクラの生々しさに一縷の望みを託したい。

〈おまけ〉
「ラ・ラ・ランド」 のときもそうだったけど、“ 「万引き家族」 観たいけどお金がなくて観られない” っていいことざます。
北関東の小都市で 「月刊ロードショー」 だけ読んでいろいろ妄想していたティーンな朕に戻れるから。クリエイティブというゾーンにもう一度デビューできるから。

*写真は 「愛のむきだし」(2009)よりゼロ教会の安藤サクラ。真っ白ついでに 「時計じかけのオレンジ」 の構えざます。たぶん。


愛のむきだし






ホントのウソ


ウソの中にさえウソがある。
とっくの昔にそれが当たり前ざます。

だから、一番大事なのはギリギリのギリギリでついているウソ。
そのギリギリのギリギリでついているウソさえ手放さなければ、そこからちゃんとしたことばや歌や現実が生まれてくるんじゃないの。と思う。








ミニ


----------------------------
・ママ深夜便
https://rocketnews24.com/2018/05/31/1068345/
『ラジオ深夜便』 が番組開始28年目にして初めて取り組むのが、赤ちゃんや小さな子どもと眠れぬ夜を過ごすママに寄り添う特集番組 「ママ☆深夜便」 だ。
5月31日の放送は、すべて子育てに関係した内容
----------------------

本日6月15日の午前1~2時は 「ママ深夜便ミニ」 だった。
ちょっとだけママに寄り添っていた。

「ミニ・ママ深夜便」 はないと思う。
極めて小さいママや、ミニで出歩くような 「まことに芳しくない」 ママには寄り添わないから。
朕もそれでいいと思う。


少美人






いかれポンチ


ときどき見かける 「ヤングすぎるトレーナーやTシャツを着てるストレンジなおじさん」 。
そういう “いかれポンチ” が出現する理由がひとつだけわかりました。
最近ボーイのおさがりばっかり着ているから。

GAP.jpg

(コンバースも履いてます)


つーか、もともと いかれポンチだからホントは関係ない。

アロハシャツ






鬼畜からエタへ


----------------------------------------
・鬼畜系
https://www.huffingtonpost.jp/karin-amamiya/90-20180601_a_23448298/?utm_hp_ref=jp-homepage

2010年、読者を名乗る男性にメッタ刺しにされて殺害されたライターの村崎百郎氏。「すかしきった日本の文化を下品のどん底に叩き落とす」という言葉とともに登場した「中卒の工員」という村崎氏は、世の中への復讐のように日々他人のゴミ漁りに勤しみ、それを原稿にしていた。彼の書く文章からは社会への呪詛が匂い立つようで、「鬼畜ブーム」の中、絶大な人気を誇った。
----------------------------------------


むかしゴミを漁ってたのは村崎百郎だけど、いまゴミを漁ってるのは万引き家族ざます。

鬼畜からエタへ。
空想から科学へ。

内容が充実してきました。

出世魚




パワハラ市民


市民というゾーンに入れてもらえない民 (みん)。入れてもらえなくなった民 (みん)。
それが棄民。
少数な民 (たみ) とかじゃなくて、そのへんに結構いる民 (みん)。

そういう棄民に向かって 「ユーだって市民ざます。だから棄民でも市民であれ。死んでも誇り高き市民であれ」 とのたまう市民。
この最もベーシックなパワー・ハラスメントについてはあんまりトークされない。
されないから、朕がトークしました。今日。




「あしたのお米がないのじゃよ」 という発言。
なんのサジェスチョンもしないユーは市民ざます。おめでとうございます。





朕語


ゴミ屋敷みたいにプアな公語。ゴミ屋敷みたいにプアな私語。
それは、美しい公語&私語を身につけさせるための教育がない、ということざます。

美しい公語&私語を身につけさせるために、大日本人教育基本法 (!) で日本人全員の主語を 「朕」 にしましょう。

すると、美しい公語しか成立しなくなります。
すると、美しい私語しか成立しなくなります。
朕みたいに。


公私混同





ゴミ屋敷


----------------------------------
・エーリッヒ・フロム
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%A0

フロムによれば人は自分の有機体としての成長と自己実現が阻まれるとき、一種の危機に陥る。この危機は人に対する攻撃性やサディズムやマゾヒズム、および権威への従属と自己の自由を否定する権威主義に向かうことになる。自分自身の有機体としての生産性を実現する生活こそが、それらの危険な自由からの逃避を免れる手段だと説いた。
(略)
あらゆる神経症の核心は、人間の正常な成長と同じように、自由と独立を求める戦いにある。正常な人の多くは、この戦いを自己放棄によって終わらせ、うまく適応し正常であると認められようとする。神経症的人間はこの戦い放棄することはできないが、依存性と自由を求めることの間の矛盾をとこうとすることの試みとして、成功していない試みとして理解することができるという。
----------------------------------

インターネッツらしいひどい文章ざます。
「そんなもんでいいよ」 としているマジョリティのゴミ屋敷みたいな生理を朕はヘイトする。

----------------------------------
フロムによれば、人間は自身の有機体としての成長と自己実現が阻まれるとき、一種の危機に陥る。この危機は、他者に対する攻撃性 (サディズム) や自己に対する攻撃性 (マゾヒズム・権威への従属) に向かう。
フロムは、自身の有機体としての生産性を実現する生活こそがそれらの危険 (自由からの逃避) を免れる手段だと説いた。
(略)
あらゆる神経症の核心には、人間の正常な成長としての自由と独立を求める戦いがある。
“正常” な人間の多くは、この戦いを自己放棄によって終わらせ、適応し、“正常” を承認される。
神経症的人間は、この戦いを放棄することはできない。神経症的人間のこの戦いは、「依存と自由という矛盾を解き明かそうとする試み」 として、しかし 「成功していない試み」 として理解することができるという。
----------------------------------

インターネッツ&ゴキブリみたいに数だけ多いすべてへ。
ビッグ・ネームについての説明くらい中高生の教本レベルをクリアーしましょう。
ゴミ屋敷みたいで汚ねえから。


自由からの逃走





リベラリズムにとって人権とは何か (!)


「リベラリズムにとって人権とは何か」 というものすごい話をします。

------------------------
・虐待死 「もうおねがいゆるして」
https://www.huffingtonpost.jp/shun-otokita/meguro-20180607_a_23452860/?utm_hp_ref=jp-homepage
------------------------

ママだけでもパパだけでも子どもは育てられる。
というより、ママだけパパだけだったら、生活のこと&子どものことだけで手一杯になるはず。

でも、「手一杯にならなかった」 らしい。
朕は、「手一杯になるはずなのに、手一杯にならなかった」 という妙な現象 (ズラかり) によって子どもが死んだのだと思う。

ゆえに、チェックポイントは 「手一杯か否か」 ざます。
基本方針は、子どもの人権 >ママ・パパの人権。
ママ・パパの人権などほぼほぼ無視していい。逃がさないように偏見&強権によって(!)人品や私生活をチェック。
そして、逃げずにすむようにエンパワー。あるいは隔離。
それだけのことざます。

       *

以上の発言は、欧米だったら瞬殺されます。
偏見ではなくリベラリズムによって、十全なエンパワーをしたいらしいので。

リベラリズムは 「人権は一種類」 と思っています。
リベラリズムの思っている 「人権」 の中で、子どもは大人と同じ 《無時間》 という地平におかれ、ぼんやりとたたずんでいます。子どもは最も 《時間》 の中にいる存在なのに。

朕は、そんなのは “くるくるぱーの世界” だと思います。


イマジン





大迷惑


貴方は 「ひとに迷惑をかけてはいけない」 と思っていますね。

でも、それは 「できるだけ生きないようにしよう」 ということざます。
そして、「できるだけ生きないようにしよう」 は、「お前も生きるな」 ということざます。

ヒューマンにとって一番さびしいことは、「誰も迷惑をかけてくれない」 。

これはいろんな孤独についての話でもあります。
また、一周まわったあとのポリコレとかコンプラとかの話でもあります。
また、ITやAI による 「無時間」 というグランドすぎるテーマについての話でもあります。

時間はだてに 「刻まれる」 わけではない。と思います。








奇病


日が暮れる。
暗くなっていく。
子どもの心に不安が生まれる。
そして、まれに、その不安に耐え切れず亡くなってしまう子どもがいる。

五時病。
毎年、世界で数名だけが発症する。4・5才になったころ。

亡くなった子どもは、「オカエリ」 というものになって上空に昇っていく。
本当はもっと生きられた。そのもっと生きられたぶんを太陽に足しにいった。

五時病はあの子たちの知恵。
でも、本当は、明日もまた昇ろうとする太陽によるたくらみ。

タロット・オブ・マルセイユ




・公衆電話 ~ 【 全世界と朕のバラード 】
http://balladchingworld.blog.fc2.com/blog-entry-872.html





月並みな病気


------------------------------------------
・90年代サブカルの深い溝 雨宮処凛
https://www.huffingtonpost.jp/karin-amamiya/90-20180601_a_23448298/?utm_hp_ref=jp-homepage

2010年、読者を名乗る男性にメッタ刺しにされて殺害されたライターの村崎百郎氏。 「すかしきった日本の文化を下品のどん底に叩き落とす」 という言葉とともに登場した 「中卒の工員」 という村崎氏は、世の中への復讐のように日々他人のゴミ漁りに勤しみ、それを原稿にしていた。彼の書く文章からは社会への呪詛が匂い立つようで、「鬼畜ブーム」 の中、絶大な人気を誇った。私は彼のサイン会にまで行っている。

私がそんな90年代サブカルに惹かれたのは、自分自身が「ゴミ」という自覚があったからだ。もっともハマっていたのは19〜24歳のフリーター時代。貧乏で、お先真っ暗で、自分以外の同世代の女子たちはキラキラ輝いて見えて、中学のいじめ以来ずっと対人恐怖で人間不信で、リストカットばかりしていた私にとって、鬼畜と言われるような世界に浸ることは、世の中への 「復讐」 のようなものだった。お前らが眉を潜めるこのようなものが自分は好きなのだ。着飾ってちやほやされて喜ぶお前らなんかと私は違うのだ。...本当は、私だって叶うなら着飾ってちやほやされたりしたかった。だけどそれが絶望的に叶わない時、数百円で買えるそれらの雑誌は、確実に私を救ってくれた。
-------------------------------------------------

90年代の村崎百郎や雨宮処凛のキモチは、朕だってそれなりにわかる。

でも、根本的にまちがってるし、まちがってた。
なぜなら、村崎百郎・雨宮処凛が格闘すべきだった問題は 「自分以外が輝いて見えた」 だから。

自分以外が輝いて見えた。
そのココロは 「自分以外のからっぽがからっぽに見えない」 。
あまりにも月並みな病気ざます。

そういう月並みは、鬼畜系とか差別問題とか貧困問題とか市民運動とかに取り組んでも解決されません (別に取り組んでもいいけど)。
で、そういう月並みから解放されるためには、朕の 「帰る教」 みたいな心のこもったオリジナルの病気 (狂気) に罹患するしかありません。
それぞれの資質にしたがって、個々人の名前のように個別的に。









高踏的





----------------------------------
思い出すわ じじいの事
ポクリと遊郭で死んだっけ
はしゃぎすぎと無理なポーズが
彼をイカせたわけなのさ

ゲスな振る舞いとイヤミで
生きてることが好き
涙は乾いて果てたの
月の迎えなく 男なんかにゃ
とうの昔に屁も出ない

アミダくじ (ばばあ) アミダくじ (ばばあ)
引いて楽しいアミダくじ
----------------------------------

アナーキーすぎる Aメロ4行。
そして、荒野すぎる Bメロ5行を、無関係すぎるサビ 「アミダくじ」 につなぐ。
結果、無関係ではなくなる。というより荒野がより増幅されるという離れ業。

「キャブ・キャロウェイという名の悪ふざけ」 あがりの桑田圭祐による悪ふざけのアウフヘーベン。
J-POP史上まれにみる高踏歌謡ざます。








横着。この世界の片隅の


幸いにしてそれなりに継続している在宅デザイナーと並行し、クリーナーを始めました。
朝2時間で2400円 × 週4回。月収でいうと4万円弱。
今後、同様のお駄賃っぽいプロジェクトをさらに立ち上げていく予定ざます。

ちなみに、クリーナー・デビューの最大の動機は、2時間でもなく週4でもなく4万円でもなく、自転車で5分。
「何でも使うて暮らし続けるのがうちらの戦いですけえ」 っぽいけど、しかしてその実体は 「この世界の片隅に横着を見つけてくれてありがとう」 ざます。
さらに、「帰る教」 な朕の信仰生活をなめてもらってはこまる、ということでもあります。

* クリーナー : 近くにある 「マンション」 という所へ行って、コンビニ袋 (ゴミ) を10個くらい外に出してから玄関と廊下のおそうじをしてくる人


この世界の片隅に 上巻





ママになれば


ドーター&ボ-イがきのう1日で何を食べたかを知っている。
きょう1日で何を食べたかを知っている。
ゆえに、プロブレムは 「あしたはどういう食生活にするのか」。

献立。そしてそれ以上に栄養バランス。
それが朕が日々考えることの70%ざます。

「ママをする」 ということと 「イクメンをする」 ということは居る場所がまったくちがう。

もちろんイクメンだってママになれる。イクメンをやめてママになれば。
そして、もちろんママだってイクメンになれます。


ヘビーデューティー




朕でございます


朕にとって、「朕・ちん」 っていうのは、男である朕が全員に 「タメ口」 でしゃべるためにどうしても必要な主語ざます。
そして、朕にとって 「タメ口」 っていうのは、こころを込めてしゃべる、ということざます。

10代・20代で 「こころを込めてしゃべる」 にこだわる人はいっぱいいるけど、いい年してそんなことにこだわる人はほぼいない。

そして、朕は50代。
「こころを込めてしゃべる」 ということ関して、一生を棒に振る覚悟がございます、ということでございます。
何卒よろしくお願いいたします、という所存であります。

ちなみに、「ざます」 は 「ございます」 ざます。
あたりまえだけど。


複雑骨折



「万引き家族」


観たいけど、朕は観られない。プアだから。
観る人たちより描かれている人たちに近い立場だから。
なので、予告編だけで 「万引き家族」 のサブスタンスを透視する。




透視しました。
これはたぶん、社会には 「関係」 というものがなかった。だから、「関係」 のために社会を捨てる、というお話ざます。

そして、もっと朕寄りな言い方をすれば、手前味噌100%だけど、少し前に朕が心をこめてトークしていた 〈原型〉チックなイメージのあれこれ、すなわち──
・暗くなってきたらおうちに帰る教
・朕が何回も何回も見た夢 「ドーター&ボーイを安心させるために電話したい。でも、すべての公衆電話のダイヤルが狂っている」
──などの延長線上にあるお話かもしれない。

果たして朕は千里眼か否か。

〈おまけ〉
でも、そういう 〈原型〉イメージの延長線上だとしたら、パルムドールの審査センスはちょっと眠いと思う。
「もはや万引き家族すらウソだらけ。実は関係なんてありませんでした」 だったら、「さすが是枝。さすがパルムドール。センス上等」 と思うけど。

さらに、是枝監督の 「年金不正受給事件の延長線としての万引き家族」 じゃなくて、1996年の 「池袋の聖家族」 でパルムドールだったら絶対に観にいくと思う。売血してでも。

池袋母子餓死日記


・「池袋・母子 餓死日記」 ~ 【 全世界と朕のバラード 】
http://balladchingworld.blog.fc2.com/blog-entry-49.html








私語・その2


渡辺哲夫 「知覚の呪縛」 の中に、精神分裂病患者 S が語る 「実人間」 というのが出てくる。
「私は実人間なんだそうです。実人間はオタチギエ (お立ち消え) できません。現われっぱなしです。実人間は、オタチギエは死ぬことなんです。……私だけ折りたためないで、ナクナレないんです。……鉄のような人間、鋼鉄棒人間、硬度人間、異常人間だそうです。……今の私が有り過ぎるんです」
ああ。私語だなあ。

で。
実は、朕たちの近くには、この S とおんなじような存在がいる。
「ネット上の永久記憶は実人間なんだそうです。実人間はオタチギエできません。現われっぱなしです。ナクナレないんです」

やはり S について言及している思想史家・市村弘正 (「名づけの精神史」) は、同著の中で、「オタチギエできない=狂気」 に対して 「一時の感情にとらわれ我を忘れてしまう=正気」 を対立させている。
「ああ」 と直感的に納得できる見解ざます。

というわけで、朕も、くるくるぱあ S 同様に私語したい。
「オタチギエ」 とは、つまり 「あーぱールックルック」 ざます。
あぱるくるく。あははははははははははははは。
失敬。


名づけの精神史





私語


朕は 「シンガー・ソンガー」 だったけど、「ミュージッカー」 としてのデビューはベーシストだった。

でも、のちに 「シンガー・ソンガー」 となり、さらに 「シンガー・ソンゲスト」 を志向した朕なので、ベーシストな朕についても 「ベーシスター」 か 「ベシスト」 と名のりたい。
ダースベイド奏者みたいな朕。鉤十字奏者みたいな朕。カッコイイなあ。

    *

すべてを私語にする。
朕の使命がわかりました。
もちろん、「知覚の呪縛」 のSにはかなわないけど。


知覚の呪縛


・「知覚の呪縛」渡辺哲夫
http://okirakukatuji.blog129.fc2.com/blog-entry-83.html





スマートフォン


めくら。
つんぼ。
てんぼう。

足だけ残ってる。
だから、最後はもがれてしまうのかもしれない。芳一みたいに。

というより、もしかしたら、最初から足が欲しかったのかもしれない。
「二度とお家に帰れないように」 ということなのかもしれない。


耳なし芳一


〈付記〉
お家にいるときと同じ気持ち・同じ格好で外にいる。
それは「どこでもお家」 ということざます。
そして、それは同時に 「外はなくなった」 ということざます。
そして、それは同時に 「お家はなくなった」 「ホームレス」 ということざます。






ホームレス


世の中には 「いったん家に帰る」 という習性をもっている人がそこそこいる。
で、そういう 「いったん家に帰る」 が壊滅したときに、世界が滅亡するのだと思う。

でも、滅亡しない。
なぜなら、AIがいるから。

AI はホームレスなので 「いったん家に帰る」 はできない。
だから、AI 以降、「いったん家に帰る」 はもっぱらヒューマンのすることざます。


家なき子


お金でがんばれ。








帰る教


「暗くなってきたら帰る教」 というのを作って布教する。

農民&土方向けというわけではない。
何業でも暗くなってきたら仕事おわり。帰っちゃう。

で、農民&土方以外の信者全員が失業する。
餓死する者とかも出る。

信仰の自由。人権。弾圧。自己責任。オウム。共謀罪。国家反逆罪。グローバル反逆罪。
いろんなワードが飛び交うであろう。

暗くなってきたから帰りたい。
誰でも思うことを言ってるだけざます。


千と千尋の神隠し

著作権、ハヤオ。さーせん。


・公衆電話 ~ 【 全世界と朕のバラード 】
http://balladchingworld.blog.fc2.com/blog-entry-872.html







«  | ホーム |  »

2018-07

プロフィール

 

朕

Author:朕
オーチン・ハラショー。朕ざます。
朕は、麻呂や主のようなものざます。
東京都在住。朕&ドーター&ボーイ。3人暮らしの朕ざます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR