Latest Entries

僕といっしょに差別しませんか?

・高畑容疑者が抑制できなかったのは「性欲」ではなく「性暴力欲」
http://ameblo.jp/ktb-genki/entry-12194796065.html

この記事の人は、どうしても「性欲=ラブ」と言いたいみたいざます。
(まあ、なんか、妙な都合があるっぽい気配もするんだけど。うふふ)

だけどさ。
「性欲=ラブ」なんだったら、「性欲」というワードは要らないんだよね。でも、やっぱり要るから「性欲」というワードがず~っとあるんだと思うんだよね。

で、以下は、「性欲=ラブ」に一応乗っかってからの「ラブ」の話。

        *

ラブというのは、一番わかりやすい「差別」ざます。
当面、その相手としかラブをしないんだから。

ゆえに、ラブに由来するセックスなどというものは「差別」の2乗ざます。

そういう文脈で考えたら、レイプというのは、本来「差別的」になされるべき行いを「無差別的」に行なってしまった、それも一方的に、というあやまちざます。

「無差別」というあやまちからスタートしたとしても、「すみません。無差別だけどいいですか?」と尋ねて「いいよ」だったら、その時点でギリギリ性欲オンリーによる「差別」が成立、同時に一方的でもなくなり、めでたしめでたしとなる。

だから、とりあえずためしに「今から僕といっしょにみんなを差別しませんか?」と聞いてみれば良かったのに、と思う。

ツイラク

写真は、姫野カオルコ 「ツイラク」。
恋とは、世界を差別すること/世界に差別されること。
どこに出しても恥ずかしくないラブ・ストーリーの極め道(きわめみち)。



スポンサーサイト

テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

生まれたらバカだった

高畑裕太は生まれたらバカだった。
生まれたらバカだった場合、本人のみならず親も途方に暮れる。

だのに、「生まれたらバカだった」という超メジャーなテーマについて語る人が全然いない。

バカは、障害者とか在日外国人とかLGBTみたいにちゃんと差別されてない(!)から、隔離保護や開放保護をしてもらえず捨て置かれっぱなし。だから、現在の実社会においてはたぶん一番過酷。
(もちろん、バカだから自分がそういう状況にあることもわかんない)

で、最終的には、バカだから犯罪を犯したりして、すみやかに処分されたりしてるわけ。

               *

バカというのは、「センサーが壊れている (または鈍い) 」ということ。
センサーが壊れているから、なにを入力されたのかがよくわからない。だから、出力がトンチンカン。

そして、そのことをず~っと気にしていた高畑裕太というヘヴィなヒューマン・ライフ。
そういう高畑裕太というヘヴィネスにとって、一番大切だったゾーン。それが、唯一実感をともなって発情という「正解」を出力できる「性欲」というゾーンだったんだと思う。

               *

で、以上の記述は、実は1行で表現できる。
大多数の人間は朕より頭がいいから、おおむね1行で表現している。

すなわち ── 「バカだからセックスのことしか考えていない」。

おぼれる者はワラをもつかむ



テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

感動をありがとう

オリンピックが終わって一週間くらいたった。
ようやく、そのへんの道を裸足で歩いてる連中の表情が無表情に戻って、朕の方に歩み寄りをみせてきた。
よかった。

というわけで、朕がずっと不機嫌だったオリンピック中に考えたことを以下に記す。

            *

感動とは、ハートを奪われて身動きがとれなくなることざます。

感動によって、朕たちは一時的に他界します。100%の役立たずになる。つまり、感動というのは災難の異名ざます。
だから、朕たちはそんなにカンタンに感動するわけにはいかない。
「いっぱい感動した」というのは「いっぱい負けた。いっぱい死んだ」と言ってるだけだから。

で、生きる目的が「できるだけ負けたい。できるだけ死にたい」である場合、そいつはただの変態ざます。

だから、朕は、そういう事情をわかった上で「ああ、今日も感動しちゃったなぁ......やべえなぁ.....」みたいに思ってる気の毒な人の場合は、ちゃんと味方する。
「ヤツはただの変態ざます。時々ヘンなことをしたり、ヘンな形態になったりするだけのつまんないヤツざます。たぶん悪いことはしないはず」

でも、「感動をありがとう」とか「感動とは感じて動くと書くんだなあ みつを」みたいな、なんかメチャクチャなこと言ってるなあ、メチャクチャな精神だなあ......みたいな人の場合は、口汚く罵って2・3週間くらい立ち直れなくしてあげます。ざます。

ジャミラ



テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

「父子家庭が男を救う 」 重川 治樹 (2012)

父子家庭が男を救う

---------------------------------------------
新聞記者の仕事につきながら、二児を育てた著者は、「育児」が「育自」であることを発見し、今日の社会をより豊かにするために、全ての男性が「父子家庭」を体験せよと提唱する。男女の解放と父子家庭。
----------------------------------------------

父子家庭のパパは、教職とか芸能とかライターとか朕みたいなデザイナーとか、そういうレアなゾーンにいる場合が多い。
そして、そのような特権性にこそ、「お気楽な父子家庭 」というストレンジが出現できるトリックがある。
(そのへんの事情は、もちろん、「未来を切り拓く女縁ネットワーク」とか「明るく楽しい母子家庭 」とかを演出するフェミニストやシングル・マザーにも共通している)

これは、そういうトリックが使えないサラリーマンが書いた父子家庭論。
だから、教職とか芸能とか朕みたいなボウフラ野郎とかの超イケてる自由人(!)が読むと、普通のオジサンならではのちょっと大仰すぎる苦悩のしかたがアウト・オブ・デイトで、違和感がある。
そして、であるからこそ信用できる、ということでもある。
(でもまあ、しょせんマスコミだからまだ生ぬるい環境なんだけど......)

おぎやはぎみたいな卑怯者じゃない大多数のまともな男(笑)は、かならず、“とんでもない悪” であるらしい男権社会の価値感に首までドップリつかっている。
だから、“男権社会の重症患者” であるらしい普通の男たちが困ったときに、本当に役に立つのは、こういう公式なオジサン(!)の話だと思う。

この手の本としてはめずらしいフェミニストとフェミ男へのダメ出しは共感できる。
そして、ごく普通の “とりあえずは上手くいってるわ” という女性たち&奥さんたちに対するイチャモンも、それなりに順当だと思う。



テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

自由それ自体

----------------------------------------
当時、共に早稲田闘争を戦った宮崎学によると、呉智英はある総会で執行部の運動方針に猛然と反対し、「学生大衆の中から『おまんこがしたい』という要求が澎湃として湧き上がったとしたら、執行部の諸君は大学当局にかけあって、我々におまんこ実現を勝ち取ってくれるというのか。ばかげた無原則的なことをいうんじゃないよ」と演説したことがあるという。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%89%E6%99%BA%E8%8B%B1
----------------------------------------

みんなの中から澎湃(ほうはい)として湧き上がる魂の叫び。
「セット・ミー・フリー!」

近代も前近代もクソもない。
人類発生以来、朕たち全員が熱望しているものは、いつだってオール・フリー(自由それ自体)。
そして、オール・フリーに代償などありえない。もちろん。

          *

以上が、昨今「ポピュリズム」というワードで指摘されるメンタリティの内実ざます。

LGBT

写真は、代々木公園のLGBTイベントを訪れたキャロライン・ケネディさんと、ケネディさんをリスペクトしてムチを差し出す、たぶん《リベラル》な男性。


テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

「HOUSE・愛のテーマ」  Godiego



“今日からこの家に嫁いできませんか。ふたり暮らしましょう....”

この歌のシングル・レコードを持ってた。
2000円くらいしかおこづかいがなかったのに、コレを買ってた高校生・朕をほめてやりたい。

「HOUSE ハウス」(1977)
監督:大林宣彦 音楽:Godiego

「HOUSE」は、邦画史上唯一の正統な コミカル・アシッド・ホラー。
だから、アングラじゃない。
(つまり、石井輝男みたいなロー・ファイのあとづけ評価とか、堤幸彦「トリック」みたいな自己言及じゃない、ということ)

大林宣彦「HOUSE」のプロフェッショナルの後継にあたるのは、ティム・バートンかもしれない。



本当は、この素晴らしい「メイン・テーマ」の方をプッシュするべきなんだけど、朕はあまのじゃくだからね。うふふ。



テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

「できれば愛を」 坂本慎太郎

ゼロ~ン・レコード(zelone records)よりのニュー・ソング。
いよいよ、神がかりの様相ざます。

---------------------------------------------



むねにぽっかりとあいた あなぼこみてください
はずかしいでしょう あわれでしょう
やってください

そこにすっぽりとはまる なにかいれてください
はずかしいでしょう でもできるでしょう
やってください

なんでもいいけれど できればあいをこめて
なんでもいいけれど すこしはあいをこめて
-----------------------------------------

なんでもいいよね。
反戦でも、人権でも、愛でも、知性でも、貯蓄でも、餓死でも。

恥かしいね。でも、やってもらおうね。


テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

日本&沖縄 地位協定

-------------------------------------------
・日米地位協定はなぜ改定されないのか
http://news.yahoo.co.jp/feature/290

(改定問題が)沖縄の問題になっているからです。沖縄の人は事件が起きるたびに悲痛な叫びを上げますけども、国民運動にならない。
(略)
ほかの国では(米軍がらみの)事件が起こる場所というのは、誰の目にも分かる本土なわけです。本土で起きれば国民の問題になるわけです。
------------------------------------------

「日米地位協定は改定されない。なぜなら、日米地位協定というものはないから。日米地位協定と呼ばれているものは、ほんとうは、日本&沖縄 地位協定(アメリカは関係ない)だから」という話ざます。

そして、抑圧の強い東北&関東気質である朕個人の生理から推し測って、もっともっと突っ込んだことを言ってしまえば、たぶん、日本人の半分くらいは沖縄人がきらいだから(!)

その証拠に、沖縄気質が好きな日本人は、おおむね、そうとうに強い熱量をもって沖縄翼賛&沖縄移住などをして沖縄人になりたがる。相応の熱量をもって日本人をやめたがる。
ゆえに、沖縄気質に抵抗がある日本人も、それと同等の熱量をもって沖縄人がきらいということざます。

というわけで、きらいの熱量は両者イーブンなんだけど、とりあえずまだ日本人の地位の方が高いから、沖縄人に不利な日米地位協定は改定されないわけ。

残念でした。

(おまけ)
1週間くらい前のラジオ。

評論家・山田五郎が、最近の夏祭りの過剰な風紀取り締まり(テキヤ締め出しとか)について、お約束の「ハレ&ケ理論」によって苦言を呈していた。
でも、途中で「でもね。僕はそもそもは、お祭りとかああいうの大っきらいなんですよ。なんかああいう体育会ノリみたいなバカっぽいの、死ぬほどきらいなんですけどね」というポロリっぽい自白もしていた。

上記の朕のアンチ沖縄発言は、そういう山田五郎のポロリに勇気をもらって記しました。だから悪いのは山田ざます。


ちゅらさん


テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

わたしは朕になりたい

天皇は国民とはちがう種類の存在。
そのことに根拠があるとすれば、以下の3点。

①神さまだから(=人間じゃないから)
②国民と同じように人間だけど(=神さまじゃないけど)、普通の人間と同じような人権を持ってないから
③天皇家の血筋だから

①は、とっくに無効になってる。
②は、今回の個人としての「生前退位」発言が、人権思想によって認められたら、根本的な意味として無効になる。

というわけで、②が無効になるかもしれない今後に関して言えば、天皇と国民がちがう種類の存在であることの根拠は、③オンリー。

そして、③は優生思想ざます。

で、実は、拙朕(せっちん)は、以上の見解がまちがいであってほしいと思っている。
なぜなら、拙朕は平成天皇の次の朕になりたいから。

プレゼンス背理バージョン




テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

「ひとりぼっちのメリー」 アート・ガーファンクル

今日の昼間、例の「お気持ち」をテレビで見た。

で、夕方、ドーター&ボーイが旅行で不在なので、ひさしぶりにひとりで焼き鳥屋に行き、ホッピーを飲みながら、姫野カオルコの「リアル・シンデレラ」のことを思い出していた。

・「リアル・シンデレラ」
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AC%E3%83%A9-%E5%A7%AB%E9%87%8E-%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%B3/dp/4334927025

で、今はもう深夜。
朕は、「リアル・シンデレラ」のヒロイン・泉と、あのひとのことを考えながら、小説の冒頭にそえられていたこの歌を聞いているのだった。



----------------------------
メリーはひとりぼっちだった
彼女を抱きしめてくれる人も
彼女に微笑みかけてくれる人もいなかった
トレーラー・ハウスで生まれ みじめな貧しい暮らし
彼女の生の輝きは 安物雑貨店に並ぶ宝石のようだった

メリーにはとうとう誰一人の友達もいなかった
ピンで壁に留めてある有名スターの写真だけが彼女を見つめてはいたけれど
ほかの誰も彼女を見ていなかった
安物雑貨店に並ぶ宝石のような彼女の輝きには誰も気付きはしなかった

あなたがもしも夜空に星を見たなら
星たちがどれもみな等しく輝いているのに気づくだろう
あなたが神に出会ったとしても
そのことには気づいていないかもしれない
ましてや
誰が安物雑貨店に並ぶ宝石の輝きなどに気づくというのだろうか?
------------------------------




テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

パンドラ・ガール

◆ 【高校野球】女子マネのグラウンド「解禁」を検討へ
https://www.buzzfeed.com/kensukeseya/baseballgirl?utm_term=.jrYP508ZZ#.qsOQVOP88

この件は「ミソジニー」という問題ではない。
「実在した女子マネの100点満点 “首藤桃奈” を解禁していいのか?」という大問題ざます。
もっと言えば、グラウンドで “やっぱり” 発見された、ということ自体が、すでに “首藤桃奈” という問題ざます。
「発見されなかった人だって、たぶんいるんだぞ、バカヤロー!」 と訴えるなら、そういうミソジニー問題ではあるけど。

楽しいのは、高野連を「ミソジニー」としてディスった小田嶋隆以下が、そういう「パンドラ」なゾーンについて一切語らないことざます。だははははは。

(おまけ)
宮台真司だけは、この件が “首藤桃奈” 問題であることを、今日のラジオで指摘&自白(?)していた。
「野球部の中にね。やっぱりね。彼氏とかがいるんじゃないのかな? ね。うふふ」みたいなマゾっぽいことも言っていた。
もちろん、小田嶋ら純情派のハートをもてあそぶドS発言でもある。

で、宮台のいつになく“意識低い” コメントは、たぶん、意図的なものざます。

朕はその真意を、
「現在、とりわけ若年層に蔓延している 《ねたみ・そねみ・ひがみ などの大切なエモーションに対するネグレクト》 をなんとかしたい。そういう自傷行為をなんとかしたい」
としてキャッチした。

過剰な 《ぼっちフォビア》 が恋と失恋を抹殺する。
最近の宮台はそういう論調。
朕もそんな気がする。

まあ、夕方のラジオを聞いてる若年層なんていないから、イヤミにもなってないんだけど。

大分高校 女子マネージャー

首藤桃奈2




テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

ギルティ

本日は、相模原障害者施設襲撃によって世の中を席巻している「障害者差別反対という100%正しい意見」にインネンをつける。

なぜ朕が、そんな地雷中の地雷にインネンをつけるのかと言うと、いわゆる「人権思想」というものが、あまりにもオートマチックに「100%正しいもの」として確定されていることがイヤだからざます。

「人権」はもちろん大切。あたりまえ。
でも、あまりにもオートマチックに「人権思想は100%正義」とする世間のもの言いは、実在するある種のゾーンを確実にスポイルする。

朕思うに、そのゾーンとは、「いい劣りではない悪い劣り」のゾーンざます。
「いい劣りではない悪い劣り」というのは、たぶん朕がずーーっと無意識に擁護したいと思ってきた「ギルティの十字架を背負って生きる、というタイプの劣り」ざます。

というわけで、いよいよ「障害者差別反対という100%正しい意見」にインネンをつける。
前口上が長いわりに、本文は以下のとおり、あっけなさすぎる1クエスチョンざます。だって、それだけの前口上が必要なほどの超ヘヴィだから。

      *
《Q》
現在日本中を1トーンに染め上げている「100%正しい障害者差別反対という思想」。
その思想について、以下の記事中の「96%」はなにを語るんだろう? あるいは、なにを語らないんだろう?
http://mainichi.jp/articles/20160425/k00/00m/040/119000c

      *

ね。ヘヴィすぎるわけ。
だから、お愛想の後口上もつけとくよ。

昔、丸山健二の「夏の流れ」という小説があった。
20歳前後に読んで記憶がかなり曖昧だったけど、上記のクエスチョンになんとなく関係のある話だったような気がしたから、サーチしてみたら「あらすじ」があった。

・「夏の流れ」あらすじ
http://kokuyonoyokoku.blog.fc2.com/blog-entry-40.html

ああ、そうか。思い出した。
思ってた以上にきつい......。
そういう「夏の流れ」。そういう丸山健二。

丸山健二




テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

投票行動

今日は、「投票所に行って投票をする」というアクションをしてきました。

今回の都知事選挙は、「小池さんか増田さんか」の選挙なので、小池さんにも増田さんにも入れない朕の1票は、結果をいっさい左右しません。

ゆえに、朕の1票は、完全に純粋な1票ざます。
なので、それにふさわしい純粋な1票を投じてきました。

朕は、朕の1票に「1票」と記入しました。

そういう、純粋な1票を純粋っぽい箱に入れる、という超純粋な行動をしてきました。
朕とちがうことをした人は、小池さんか増田さんに投票した人ざます。
うらやましい......

ピタゴラスイッチ



テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | ホーム |  »

2016-08

プロフィール

 

朕

Author:朕
オーチン・ハラショー。朕ざます。
朕は、麻呂や主のようなものざます。
東京都在住。朕&ドーター&ボーイ。3人暮らしの朕ざます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR