Latest Entries

「Dream on」 鬼束ちひろ




なるほろ。
まったく思いつかなかったけど、エアロスミス 「Dream on」 はこの人にドンピシャざます。
朕としたことが、うかつだった。

そして、やっぱりこの人はいい。

まず最初に、人間としてちゃんと壊れている(!)
だから歌なんか壊してしまう。
でも、「歌なんか壊してしまう。それでもまだ歌でありえている」 という背理は、歌手になるべくして生まれた正統な歌手にしか表出できない。

だから、いい歌手というのは、歌なんか壊してしまう壊れない歌手ざます。

そういうことは、ライブハウスなんかによくいる壊れた歌手にはできない。つーか、そんなのもともと歌手じゃない。ただのちゃんと壊れてる真人間ざます。

(人間としてちゃんと壊れている、というのは、複製できないようにちゃんと壊れている、ということざます)







スポンサーサイト

テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

ドリーミング


-----------------------------------
・トランプ 「アップルの工場を米国に」
http://japan.cnet.com/news/service/35092643/
------------------------------------

ゼニカネの都合をガン無視。結果、世界がどうなるとかもガン無視。
それが思想というドリーミング。政治というドリーミング。

だって、ヒューマンはドリーミングなしに生きられない。幻想なしに生きられない。

「ヒューマンは数だけカウントしてれば生きられる」 とカン違いしてきた2000年代のスリープレスにとってはいいカウンターかも。
はたしてスリープレスがドリーミングの命令をきく日が来るのか?











テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

大音楽

誰も 「音楽」 を聴かなくなって久しい。
というか、「音楽」 がなくなって久しい。
もうずいぶん前から、ミュージックの世界にあるのは、「歌」 と 「パフォーマンス」 だけざます。ただの 「音楽」 というものはなくなってしまった。

映画音楽みたいなものがなくなってしまったことが大きい。
クラシックはずっとあるけど、クラシックはクラシックだから今じゃないし。

よおく考えてみな。
最近、ただの 「音楽」 を聴いたことがある?
ヒューマンとしての身だしなみみたいに、誰も彼もが音楽好きらしい世の中なのに、ほんとは誰も 「音楽」 なんか聴いてない。
朕たちが聴いてるのは 「音楽」 じゃなくて「自分」 ざます。だから 「歌」 だし 「パフォーマンス」 なのさ。
そして、「自分」 の対義語は 「世界」 ざます。

そういうわけで、「世界」 がなくなって久しいんだよな、と思うけど、別にいまさら耳に新しい話でもないね。ははは。














(おまけ)
「世界」 の意匠として 「個人」 の前に立ちふさがるような、歌でもパフォーマンスでもない 「音楽」 は、もはや突然変異的にしか出現しない。そういうレア・ケースとして、ちょっと前に日本国民のハートをつかんだのがコレかも。





テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

Очень хорошо!

朕は 「Очень хорошо」 が好きざます。
「Очень хорошо」 という神がかりなキーワード、その言霊に囚われて生きてきた半生と言っても過言ではない。

でも、そんなにも大切な 「Очень хорошо」 について実はなんにも知らないんだ、朕は。
「なんか楽しそうだ」 とか 「なんか頭が悪そうだ」 とか思ってるだけ。

そういうことじゃダメだ。
もう中学生とかじゃないんだ。しっかりしろよ、朕。

── というわけで、本日、意を決して 「Очень хорошо」 についてきちんと調査してみました。
そしてようやくその全貌が明らかになった。

・ 「Очень хорошо」
写真家・遠藤正によるロシアの美少女写真集 (竹書房刊)。
「1992年、民主化の波に揺れていたロシア。その激動の最中に現地へ乗り込み、ぶっつけ本番の撮影に臨んだ遠藤正。学生などズブの素人ばかり13人の初々しいヌードが満載されている」.........

意外な結果だった。
しかし、やはり予感どおり 「楽しそう」 。そして 「頭が悪そう」 。

オーチン・ハラショー

オーチン・ハラショー2



テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

いたとしても、いないふりをしたはず


--------------------------------------------------
・ キッス・イン・ザ・トランプ・デモ
https://www.buzzfeed.com/tanyachen/kiss-during-protest?utm_term=.xiQ4YLPJvy#.eh4y7a8N2x

キス・イン・ザ・トランプ・デモ

ヴァンデュー(写真家)は、反トランプ発言が過熱する最中、この2人の女性たちの間で交わされていた愛に心を打たれたという。
「嫌悪、対立、そして抑圧の中にあっても、私たちの愛は永遠に続くのです」
---------------------------------------------------

朕も心を打たれた。
よりにもよってそういうゾーンで 「差別の中の差別」 の大全開。
あんまりじゃないか。ひどいじゃないか。泣きそうだ。
ジョンとヨーコのジェノサイドか!

記事によれば、「美しすぎる。涙がでる」 「かわいい。泣いてしまう」 みたいな反応ばっかりで、朕と同じような意味で泣いてしまう人はひとりもいなかったっぽい。いたとしても、いないふりをしたはず。

だから、このデモはすぐ終わるだろう。
朕と同じような意味で泣いてしまう人がいないデモ、すなわち、《もどき》 しか参加していないデモ。
そういうデモはすぐに終わると思う。大多数のデモと同じように。

(おまけ)
トランプを勝たせたのは、朕と同じような意味で泣いてしまう 《人間》 たちによる隠れデモ(!)ざます。
血も涙もある。そしてなにより罪がある。
そういうサイドのジェノサイド。



「化粧」 作詞作曲:中島みゆき



テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

ゴミでも天使でもないつまんない自分


-----------------------------------------------
・障害者はゴミでも天使でもない! 剥き出しの人間讃歌 「スーパー猛毒ちんどん」
http://www.huffingtonpost.jp/karin-amamiya/disabled-persons-rockband_b_12906170.html
「アンタの障害者年金がなかったら一家が生活できないの」
「センズリもできないねたきりのオレに きみはやさしいけれど きみにおそいかかるおおかみになりたい」
-----------------------------------------------

この 「スーパー猛毒ちんどん」 というバンド は、おもて向き “ゴミでも天使でもない障害者のリアル” を唱っているんだけど、たぶん、「面影ラッキーホール」 のエピゴーネンという側面もあるんだと思う。
そして、とっても皮肉なことに、「面影ラッキーホール」 の中心人物であるアッキーという人は、おそらく 「スーパー猛毒ちんどん」 とはまったくちがうゾーンにいる人間ざます。

それはもちろん、 「スーパー猛毒ちんどん」 は障害者だけどアッキーは健常者、というようなことではない。
アッキーは “ゴミでも天使でもない” つまんない自分のことなんか絶対に歌わない、という決定的な違いざます。

たぶんアッキーも 「スーパー猛毒ちんどん」 と同じような “ゴミでも天使でもない” つまんない存在ではあるだろう。
でも、アッキーは “ゴミでも天使でもない” つまんない存在であることとは別に、極めて優れたクリエイター&パフォーマーざます。
ゆえにアッキーは “ゴミでも天使でもない” つまんない自分のことなんか歌わないんざます。



「スーパー猛毒ちんどん」 は、レクリエーションをかねた啓蒙活動みたいなものだろうから、それはそれで別にいいと思う。
でも、朕は興味ないです。単純に出し物としてつまんないから。


(おまけ)
・「おかあさんといっしょう」 面影ラッキーホール






テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

忌中

-----------------------------------------------
・死者に「更衣」した大勢の若者たち
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50113?page=3

日本型ハロウィンの定着とともに、死とは無関係な仮装が相当侵蝕している。
(略)
なるべくならハロウィン本来の、死霊や魔物の仮装に限定してもらいたいと思う。ハロウィンには「死を想え(メメント・モリ)」と言いたいのだ。
(略)
「カオナシ」を何人も見かけた。屈強な「ダース・ベイダー」に伍して、日本的霊性をひっそりと漂わせていた。
(略)
東口に移動して「Shibuya Hikarie」の8階から交差点を眺めると、人混みの密度はどんどん高まっているようである。
(略)
スクランブル交差点が、今夜ばかりは、あの世とこの世の境を流れる「三途の川」に見えたのである。
-----------------------------------------------

来年を見てろ。
朕はやるぞ。
かならずや、志ある者たちを束ね、妙霊なる音曲とともに立ち現われて、「日出処の死、神仏習合の死のなんたるか」を渋谷のボーフラどもに思い知らせてやる。ズラ。

田園に死す

白菊

守刀
呪い

忌中幕1

白無垢2

狐

忌中




テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

第2次アメリカン・ネイティヴ問題

USAの現状は、いろいろ複雑にからみあっているように見えて、実相はきわめてシンプルざます。

「そのへんを裸足で歩いてる白人と非白人、つまり、そのへんを裸足で歩いてる男と女」 vs 「それ以外の男と女」。
もっと言えば、「土人か土人じゃないか」 であって、「白人か非白人か」 とか 「男か女か」 ではない。

そういう第2次アメリカン・ネイティヴ問題。

gang of four


ゆえに、ヒラリーが 「土人じゃない代表」、トランプが 「白土人 (というなんだかよくわかんないもの) 代表」 ざます。

(追記)
で、結果が出て、土人が勝った。





テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

ルックス


-----------------------------------------------
・「我が子を可愛いと思えない」
http://news.livedoor.com/article/detail/12238126/
子どもの性格が元気で暴れん坊! いたずらばかりするやんちゃで好奇心旺盛。(略) お母さん自身が優しくおっとり、人に気を遣う性格だとしたら、子どものそんな行動性格に共感どころか疲れ果ててしまうでしょう。
-----------------------------------------------

そんなちっぽけな問題はどうでもいい。

「子どものルックスがひどい。どうしても可愛いと思えない」
どうせ、可愛いと思えない問題を考えるなら、そういう一番重要なテーマと格闘しろ、バカヤロー。

実際、朕の周囲にそういうママがいたし、実際に子どものルックスもひどかった。ほんとにひどかった。

たぶん、おもてだって語られないだけで、いっぱいいるはず。
「お母さん自身が優しくおっとり、人に気を遣う性格だとしたら......」 なんかよりはるかに火急の要件ざます。

(付記)
日本史上最もラジカルな反差別運動を担った横塚晃一。
その著書 「母よ、殺すな!」 において、差別以上に巨大なテーマであるがゆえに最も言葉少なに語られる。
それが、ルックス&フォルム。

横塚はそっと囁くように語っている。
「それは、差別うんぬんといったレベルですむようななまやさしい問題ではなく、おそらく、人間存在の根源にあるなにかに接触してしまう......」

そのような記述。
アグレッシブではあっても基本的に明解なトーンで進行していく同書にあって、横塚の囁きはその明解がくずれおちてしまう唯一の陥没ざます。

障害者殺しの思想

写真は、「青い芝の会」 横塚晃一の同志、横田 弘著 「障害者殺しの思想」




テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

「ポッポ・アート」 スージー甘金 (1991)

欅坂46のナチ・コスプレがらみで思い出した。
(テーマ的には、ちょっとズレるんだけど......)

昔、「世の中に黒人差別 (人種差別だったかな?) がないかどうか?」 をずーっと監視してるファミリーというのがいた。大阪の一家だったかな。
「ちびくろサンボ」や「カルピス」の件で有名になった。

そのファミリーの不断の努力によって、当時、朕が潜伏していた出版社から出たスージー甘金の画集が発売直後にお蔵入りになった。
「 “南の国の土人” が描かれている」というクレーム一本で、できたてホヤホヤが出荷停止。朕がスージー先生のところへ何回もお使いに行って、何ヶ月もかけてやっとできた画集だったのに。ははははは。
発禁になったけど、朕は編集してた親分から 「ポッポ・アート」 を1冊もらった。

あのご家族。いまはどうしてるんだろう.......

ポッポ・アート

・黒人差別をなくす会
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E4%BA%BA%E5%B7%AE%E5%88%A5%E3%82%92%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%99%E4%BC%9A




テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | ホーム |  »

2016-11

プロフィール

 

朕

Author:朕
オーチン・ハラショー。朕ざます。
朕は、麻呂や主のようなものざます。
東京都在住。朕&ドーター&ボーイ。3人暮らしの朕ざます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR