Latest Entries

「ぶらり信兵衛 道場破り」 ボニージャックス


---------------------------------------------


信兵衛さんの長屋は十六間
鶴と二人でぶーらぶら
向こう三軒両隣 サテ
こふねちゃんだよ 左褄

重助じいさん 夜鳴き蕎麦
おぶんは十八 孫娘
十手片手に以三は子守で
駕籠は金太と銀太でね

平七 おあきに 首ったけ
乙吉 おまさは 子だくさん
酒は源次と勇次でね チョイト
おきみちゃん アラいらっしゃい
---------------------------------------------

パーフェクトな白痴ワールド。

もうすぐお正月。
三が日には一日一回ずつ口ずさみたい。




スポンサーサイト

テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

うず潮


-----------------------------------
・「USB卓上ミニミニ洗濯機」
http://news.livedoor.com/article/detail/12425238/

USB卓上ミニミニ洗濯機

スクリュージェット水流で汚れを落とす 「USB卓上ミニミニ洗濯機」。
シリコン素材のスマートウォッチなど、柔らかい素材のものでも洗える。
-----------------------------------


バカヤローめ。
なんのために朕が古歯ブラシをとっておいてると思ってるんだ。
古歯ブラシに負けてなんの新製品・新機能だよ。ダセーな。

どうせつくるんだったら、手の平にのるサイズの 「普通の四角い洗濯機」 をつくれ。
もちろん、ちゃんと水と洗剤がはいって回るヤツ。
そういうイケてる新製品だったら絶対ほしい。

何も洗えなくていい。
というより、何も洗えないでほしい。

なぜなら朕は、手の平にのせた小さいのの中で、ちまちまと泡立ちながら回転する うず潮 をいつまでも黙って見つめていたいから。




テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

叔母さまの侍のテーマ


ハイティーンの頃、以前にテレビで観て圧倒された 「七人の侍」 のリバイバル・ロードショーというのがあった。
「月刊ロードショー」 かなんかで、その情報を知って 「へぇ、そうなんだ.....」 と思っていたある日、レコード屋でリバイバル記念のシングル盤を見つけ、ジャケットのクールネスに打たれて買ってしまった。

七人の侍 主題歌

テレビで観たときに印象に残っっていた無骨で大陸的なテーマ曲(インスト)だと思って買ったのに、聴いてみたらテーマ曲に詞をつけた 「主題歌」 だった。
なんて言うか、志村喬が 「叔母さま」 になって歌ってるみたいなストレンジなテイスト。

ものすごくがっかりした。
だから無理やり好きになろうとした。



Performed by 山口淑子。
「作詞補・クロサワ」 というクレジットもあり。




テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

やすらぎ

寒い。
で、あんまり寒いから、朕はこの世界の真理に到達してしまった。

人間は2種類。
自分ひとりのために暖房や冷房を使う人と使わない人。

この対立には、人種・性別・お金のあるなしとかは関係ない。そういううわっつらな差異を超越している。
100%個々人の資質に由来するだけに、大袈裟にいえば、永遠に相容れない。

やっぱこの世には、絶望的な断絶っていうのがあるんざます。

よかった。
朕は、いつの日にか人類に 「進歩と調和」 が訪れて、こころの狭い朕の居場所なんかなくなってしまうんじゃないかと思ってたから。

ガメラ 対 バルゴン



テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

倒錯


--------------------------------------------------
・お母さんがいなくなった。お父さんの苦労
https://www.buzzfeed.com/yuikashima/father?utm_term=.tkLvnJvrL#.uyLvNQv29
お弁当
きれいに盛り付けられた色とりどりのお弁当は、愛情たっぷり。今ではクックパッドに料理を載せてコメントをもらうまでになりました。
---------------------------------------------------


一番大事なのはず~~っと一定の水準をキープすることざます。いいときも悪いときも。
そのためには 「キープすべき水準をやなるべく低めに設定しておくこと」 & 「できるだけラクしようとすること」 が大切。
生活というゾーンではなんだってそうざます。

というわけで、このパパさん、うぜー。

パパさんはなんのためにそういう風にがんばって、そういう無意味なスタンダードを撒き散らしてるの?
朕思うに、パパさんのそういうがんばり方は、なんだか「ビジネス」というゾーンでよく見かけるがんばり方に似てるような気がする。

「変態はしょせん変態」
と言ったら酷か。

じゃあ、ポジティブな言い方。
「パパさんは、やる気のない朕やそのへんの横着なママたちとは違うんだよ。娘も大きくなったわけだし、はた迷惑なことしてないで、そろそろ古巣に帰ったほうがいいんじゃないの?」

クラッシュ

写真は、デヴィット・クローネンバーグ 「クラッシュ」 (1996)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5_(1996%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)



テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

プラトニック


--------------------------------------------------
・「猫のひげケース」 ヒット
http://news.livedoor.com/article/detail/12401296/

猫のひげケース

ピンとして張りのある立派なひげに感動して、度々ひげを拾っては、ブラウン管テレビの上に置いて集めていました。
その後、今の会社に入社し、子供のメモリアルBOXからヒントを得て 『猫専用猫のひげケース』 を作ることにしました。
(略)
着物などの大切なものは、よく桐の箱に入れますよね。(略) だから大切な猫のひげも、この桐の箱に入れて保管したいと思いました。
---------------------------------------------------

朕は打たれた。
オリジナルな価値基準のメタファーとして 「ブラウン管テレビの上」 をチョイスする知性。
なんという屹立した精神なんだ。
感服ざます。

が。
それほどまでにプラトニックな知性のプログレが、なぜ 「桐箱」 なのか?

ありえない通俗への退却。
唾棄すべき堕落以外のなにものでもない。
死刑ざます。

ピカピカのぎろちょん




テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

「ウ・タ」 がいっぱい


-------------------------------------
・2016 FNS歌謡祭 長渕剛 「乾杯」  「今年一番笑えた!」
http://www.j-cast.com/2016/12/08285659.html

長渕さんが披露したのは、今の日本や音楽界、メディアを批判する歌詞に変えた 「乾杯」 だった。
「俺たちの東北、仙台、俺たちの九州、熊本、そして、福島も頑張ってんだ~オリンピックもいいけどよ」
「若者の貧困、地域の過疎化どうする?騙されねぇぞマスコミ!騙されねぇぞヒットチャート!、騙されねぇぞワイドショー!」
「ウ・タ・ヨ・ノ・コ・レ 」
--------------------------------------


「ウ・タ・ヨ・ノ・コ・レ 」ってなあに?

トリだから、当然、鬼束ちひろの 「放送事故レベルの滅亡」 よりあと、ということ。
長渕がどうこうというより、ああいうハイブローなバイオレンスのあとに、ノンキに 「ウ・タ」 なんか歌える精神がおかしい。

・2016 FNS歌謡祭 鬼束ちひろ 「月光」
http://balladchingworld.blog.fc2.com/blog-entry-591.html

あいかわらず3流な長渕が超ウケた、という記事だけど、別に長渕だけのことじゃないよ。
ホントは9割方のシンガーが、そういう 「ウ・タ」 なシンガーざます。メジャー、マイナー関係なく。

「ウ・タ・ヨ・ノ・コ・レ 」 ってなあに? 
開発途上国のあいさつかなんか? え、中学生の作文のタイトル?

(かいせつ)
みんなで 「ウ・タ」 などを共有して楽しむ、あるいはみんなが 「ウ・タ」 を歌ったりして共鳴して楽しむのが、レクリエーション。
「滅亡を表出する」 などの外傷的な効果によって、みんなをひとりぼっちに回帰させるのが、アート。

レクリエーションとアートは、機能の 《次元》 が違う。
そういう話。

村八分




テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

あしたの凶悪


--------------------------------------------------
・地方で自殺が急増した理由&急減した理由
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50183

生命保険各社は近年、自殺に対する支払いを退ける免責期間をかつての1年から延長し、さらに保険金を目的とした自殺の非道徳性を法廷に訴え始めている。加えて政府も連帯保証人制度を改め、少なくとも当事者以外の生命保険を担保とする融資の規制に乗り出している。
(略)
20世紀末に自殺が急増した多くの地域で、今度は自殺者の急減がみられた。
(略)
それは表面的には喜ばしくみえるとしても、裏面では地方のますますの貧困を意味している危険性がある。自営業的経済活動が停滞し、生命保険を担保とした融資が通用しなくなった・求められなくなった結果として、経済問題を原因とするとみられる自殺は減少しているのではないか。
(略)
自殺によって貨幣を得ることさえできずに、既存の経済体制から弾かれ、「保障のない」裸の生を生きる若者や地方の人々
---------------------------------------------------

で、そういう地獄のあしたはどっちだ?

未来を啓示できる存在がいるとすれば、それはたぶん 「凶悪」 の “先生” みたいな人ざます。

ああいうリリー・フランキーな人たちに、今後のシノギについてインタビューしてみればいいと思う。もちろん、音声加工&リリー・フランキー・マスク装着OK、ざます。

「凶悪」 リリーフランキー

先生

写真は、映画 「凶悪」 のリリー・フランキー (上) と、リリー・フランキーでも、リリー・フランキー・マスクでもなない “先生” (下) 。

リリー・フランキーは持ち前のネガティブ・パワー全開。
“先生” は実業家らしく朴訥だけど、やはり何かがかすかににじみ出ている感じ。

いろんなオーラがあるんだね。



テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

2016FNS歌謡祭 鬼束ちひろ 「月光」


FNS歌謡祭、お夕飯を食べながら見るともなく見てた。
ちょうど、ナチスっぽくない軍服を着た欅坂46 (!) の出番で、凛とした歌と抑圧的で硬質なチーム・ダンスがとてもよかった。

終盤に鬼束ちひろが出たことは知らなかった。お風呂にはいったり 「水曜日のダウンタウン」 見たりしてたから。

しかし、ボロボロだな、鬼束ちひろ。
https://twitter.com/hashtag/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B32016?src=hash

2016FNS歌謡祭1 鬼束ちひろ 「月光」

2016FNS歌謡祭 鬼束ちひろ 「月光」

堂々の衰弱。まるで廃品のようだ。
これをお茶の間で見てた人たちはどう思ったんだろう........

もちろん、朕はまったくもってOK。
いよいよじゃないか。真人間は墜落からが本番ざます。
鬼束ちひろ、それで 「いいんだぜ」。
「いいんだぜ」 は中島らもの持ち歌だぜ。



テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

全員老人

・「アウトレイジ 最終章」 来年公開
https://www.buzzfeed.com/takumiharimaya/outrege-last?utm_term=.bimeyZ1Vo#.peY89Mgae


「アウトレイジ」 シリーズとは何かと言えば、それはたぶん塩見三省ざます。

塩見三省

(塩見三省。成田三樹夫がダンプにひかれたわけではない......)

で、「アウトレイジ」 は塩見三省の映画、というサブ・テーマとは別に、メイン・テーマとして 「アウトレイジ」 とは何かと言えば、それは高齢出産で流産しそうな 「仁義なき戦い」 ざます。

「アウトレイジ」 は、たぶん、引きこもり系暴力路線(!)に飽きたたけしが、「仁義なき戦い」 をやる、ということを思いついて始めたものだと思う。
でも、その一番カンタンな正解(!)をようやく思いついたとき、たけしはすでに老人になっていた。
そういうことだと思う。

主人公が老人。ゆえに全員老人。基本的に老人。
だから 「アウトレイジ」 シリーズとは、「その後の、その後の、その後の仁義なき戦い」 ざます。

その後の仁義なき戦い




テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

巨大化・赤化


--------------------------------------------------
・男性の服は、もっともっと自由になっていい
http://www.huffingtonpost.jp/2016/11/28/everything-you-think-you-know-about-mens-fashion_n_13292086.html?utm_hp_ref=japan

自由

彼らは、躊躇せず『これが自分だ』と言う勇気がある人たちです。そのままの自分を受け入れて下さい。そうできなければ、放っておいてくださいというメッセージを発信しています。
---------------------------------------------------

昔、バンド練習の帰り道、ギタリストといっしょに山手線に乗っていたときのこと。
その日の朕のいでたちは、真っ赤なタイトTシャツ&真っ赤なタイトジーンズ&腰まであるブラックロングヘアー&ブラックレザーの安全靴。そういう赤と黒であった。

ギタリスト 「ねえ、朕。あのさ、やっぱさ、全身真っ赤っ赤ってヘンだと思うんだけど。ヘンじゃない? ヘンだよね? はは.....」
朕 「..............」
ギ 「は....ははは........」
朕 「..............」

沈黙が続いた。
で、ややあってからの朕の回答は、以下のとおりであった。

        *

真っ赤っ赤だから狂っているのではない。真っ赤っ赤で山手線に乗っているから狂っているのだ。

かつて、わが国のファッションに十二単というものがあった。
美しい羽織を十二枚羽織る。十二枚も羽織るから巨大化する。巨大化して山手線の車内を自由自在に闊歩することをゴジラ化という。

ゴジラ化はハタ迷惑ざます。
ゴジラ化してもハタ迷惑にならないメソッド。それが山手線の巨大化ざます。

そういうことざます。
わかった?

え、全然わかんない?
あ、そう。バカなんだな、キミは。

つまり。
十二単を羽織る、というこは、その前提として山手線を巨大化できる力を持っているということざます。
十二単を羽織るためには、そのような背景をゲットできる能力や実力が必要ということ。

当たり前のことざます。十二単は貴族だけが着られたんだから。
そんな当たり前のこともわかんねーのかよ、テメーは。バカなんだな、テメーは。
朕は真っ赤っ赤だから狂ってるんじゃないぞ。朕専用の赤い電車が山手線を走ってないから狂っているのさ!

        *
どうよ?
メチャクチャだろ?
...............。

んで。
以上は、朕がクレイジーであることの証明であるのと同時に、「彼らは、躊躇せず 『これが自分だ』 と言う勇気がある人たちです」 というような、人権宣言以降(!)の世界にひんぱんに流布されるいつわりの思想に対するダメ出しでもあります。

時計 じ かけ の オレンジ





テーマ:ロックンロール - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | ホーム |  »

2016-12

プロフィール

 

朕

Author:朕
アザブジュバ~ン。朕ざます。
朕は、麻呂や主のようなものざます。
東京都在住。朕&ドーター&ボーイ。3人暮らしの朕ざます。

 

最新記事

 

 

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR