Latest Entries

共謀罪


共謀罪はテロとかを阻止できない。

具体例でわかりやすく言うと、米軍基地反対運動という 《表現》 は抑制できるかもしれない。でも、基地をなくすための 《アクション》(爆破とか) は止められない、ということ。

共謀罪ありきの海外ですらテロテロ・トゥ・マッチなわけだし、そもそも、共謀罪以外のなにものでもない北の若大将のブチ切れボタン押しを実は誰も止められない。

というわけで、朕おもうに、「共謀罪、断固反対!」 とか、そういうことではない。
「共謀罪? 寝言は寝て言え!」 ざます。

※ 北の若大将はホントは独謀罪。

どうにもとまらない

〈余計なひとこと〉
共謀する人たちは、共謀罪についてな~んにも語りません。
なぜなら、そんなことしても共謀の役にたたないから。

ゆえに、共謀罪についてあれこれ議論する人たちは、全員が共謀罪と無縁な人たちざます。
あなたがたは誰ひとり、共謀する人たちの立場に立って考えていない。
ひどいじゃないか。冷たいじゃないか。







スポンサーサイト

卑怯じゃなければ本気じゃない


Suicide Is Painless


              * 

-------------------------------------
・役員をやったからといってPTAが変えられるわけじゃない
http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/23/pta-reform_n_16199536.html?utm_hp_ref=japan
女性は春から非会員になりました。 「いやいやでも会員になっていることが、その組織を支えてしまうことになる」 と考え、問題提起しようとしたそうです。 「PTAを知るためには役員をやった方がいい。でも、役員をやったからといってPTAが変えられるわけじゃない」 と振り返ります。非会員になった今も、PTAについて考え続けています。
-------------------------------------

PTAだけじゃない。

本気で抵抗&改革しようと思うなら、そのスタートラインは必ず 「逃げ隠れ、サボタージュ」 という形になります。
言い方をかえれば、率先して “現状にとっての卑怯者” になること。率先して卑怯な反則をプレゼンするということ。そして、追随するズルい人をどんどん増殖させるということざます。

だから、さまざまなプロブレムと向き合うにあたって、卑怯じゃないということは本気じゃないということです。


              * 

-------------------------------------
・「息子に乗り越えて成長してもらいたいという期待もあった」
http://www.asahi.com/articles/ASK4N4T86K4NUUPI00D.html
「学校に行きたくない」 と自室のドアを家具でふさぎ、学校を1週間ほど休んだ。母親は学校に相談。(略)登校を再開した息子は、同級生から 「チクった」 と言われた。
(略)
夏休み明けに母親が再び学校に相談すると、息子は怒った。「言わないでって言ったでしょ。言ったって何も変わらない」。その約2週間後に亡くなった。
(略)
両親は 「息子に乗り越えて成長してもらいたいという期待もあった (略)」 と悔やむ。
-------------------------------------

ほらね。
本気で現実と向き合う人のジャマをするのは、必ず真面目な学級委員みたいな人たちざます。

真面目でやる気のある学級委員というのは、だいたいバカなので、おおむね 《正々堂々と戦えるレベルの現実》 だけを生きています。だからそのぶん、自分たちの舞台である 《そういうレベルの現実》 をイジられたくない、と思っています。


              * 


「東北で良かった」


歴代の復興大臣が不祥事を起こすのは、そもそも全員が復興大臣なんかやりたくないからざます。
もっと正確に言えば、普通に暮らしている日本人全員が復興大臣なんかやりたくないからざます。
それつまり、被災者のヘヴィな現在は、被災者以外の日本人全員にとって他人事ということざます。

というわけで、全員が復興大臣なんかやりたくない。
じゃあ、どうしたらいいの? についても、上記したとおり 「逃げ隠れ」 ざます。

イヤイヤやってるPTA会長 ── それが現在の復興大臣ざます。
だから、他人事だと思っている朕たち全員が、復興問題から逃げ隠れすればいい。
とくに、学級委員みたいなことを言わざるをえない立場の政治家たちは、必ず逃げ隠れしなければなりません (!)

そうすれば、あたらしい復興大臣が、被災者の中から、あるいはそのヘヴィネスをよく知る人の中から誕生することでありましょう。

(おまけ)
政治家は逃げ隠れはかんたんにできるよ。
実際、ハワイで挙式&無断欠席&行方不明、という人だっているわけだし。

ウェディング政務官




男女格差原論、そして女芸人


----------------------------
・男女格差実験
http://tabi-labo.com/281323/exit-324

男女格差

子どもたちに同じ課題を与え、女の子には男の子より小さいご褒美を渡す
「同じことをしたのに、不公平」 と、子どもは素直にリアクション
-----------------------------


働いたり、戦ったり、ギャグを言ったりしない男に価値はあるか?

そういうクエスチョンに 「ある」 と回答する女はあんまりいないと思う。
それはつまり、男が 「男である」 ということ自体には価値などありませんよ、ということざます。

ひるがえって、女は 「女である」 ということ自体に価値がある。
なぜなら、多くの男が、女は 「女である」 ということ自体に価値がある、と回答するだろうから。

そもそもの原点において、男は0点。女には持ち点がある。
そのような事情によって、男は女を、どうしても差別しなければならない (!) のかもしれない。

どうよ?  
なにかしら重要な視点の欠如というようなものがありましょうか?

※ テーマと関係ない話だけど、上に貼りつけた実験についてひとこと。
この実験は、いわゆる 「子どもをダシにする」 のお手本ざます。
「女性差別反対」 を訴えているのに、子ども (性的に未分化な段階) という無関係なものをからめて、主張の正当性を補強したつもりになっています。
もちろん、悪気はない。ただのカテゴリー・エラー。だから、ただバカなだけざます。
ザンネン賞。

          *

「女子どもというのは存在自体が娯楽」
かつて、そう言ったのは橋本治であった。

で、「女子どもというのは存在自体が娯楽」 は、「女子どもというのは存在自体が、ボケとツッコミでいうところのボケのようなもの」 と換言できると思う。

存在自体がボケであるものがボケたらどうなるか。
それはたぶん、ボケからもっとも遠いものになると思われる。
だから女はボケない。ギャグを言わない。
そういうことでありましょう。

ゆえに、女芸人というのは──
なんらかの仕掛けを用いることによって、「存在自体がボケ」という持ち点を御破算 (!) にして、その上であらためてボケる女
── ということになるかと思う。

水谷千重子





よろずや


------------------------------------
・団地コンビニ100店
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO15376110W7A410C1TJC000/

セブン (イレブン) は団地内で、日々の買い物に悩む高齢者など向けに食事宅配を提供するほか、身の回りの悩みを解決するサービスも検討する。
鍵の紛失解決や水道トラブルへの対処、粗大ゴミの搬出といったJSが手掛ける団地管理業務の一部をコンビニでできるようにする。
コンビニはオフィス街や大学構内といった立地のニーズに合わせて品ぞろえを変更しているが、団地内でも地域住民の要望を反映させていく。団地内に住む主婦や学生らを店員として雇用する。
(略)
セブンは団地内のコンビニで蓄積した品ぞろえや住民サービスのノウハウを、地方にある店舗にも導入していく考えだ。
------------------------------------

都会の 《グローバル&スタンダードイズム・互換可能性》 を24時間体制で支えているのは、もはやコンビニだけ。
そして、団地や地方の 《ローカリズム・互換不可能性》 を支えようとしているのもコンビニであった、という話。

で。
よく考えてみれば、以上の経緯は当然のことなのかもしれない。
コンビニとはそもそも、「コンビニエンス」という抽象 (!) を提供するストアざます。

コンビニの 「コンビニエンス」 という抽象は、たぶん 「公務」 という抽象に近づきつつあるように思う。
(団地コンビニは、年寄りとママとチルドレン仕様なので、エロ本は置かないらしいよ。はは)

万事屋よ永遠なれ

よろずやの世界に二項対立とかはない。なぜなら、よろずやだから。
そして、よろずやは小さい。なぜなら、どこにでも存在しなければならないから。



アクティブ・ラーニング


----------------------------------------
・教育勅語朗読 問題ない
http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/07/imperial-rescript-on-education_n_15855798.html
義家弘介・文部科学副大臣は4月7日(略)教育現場の毎日の朝礼で子供たちが教育勅語を朗読することについて「教育基本法に反しない限りは問題のない行為であろうと思います」と答弁した。
---------------------------------------

ちびっこや小学生は何を朗読したっていい。問題ない。

太宰治 「駈込み訴へ」 みたいな恨み節でもいいし、車谷長吉 「抜髪」 みたいな虐待トークでもいい。
なんなら、中島みゆきの 「悪女」 でもいいし、RCの 「つきあいたい」 でもいい。いっそ歌っちゃってもいい。
なぜなら、朗読はボディの操作についての学習だから。
そういうアクティブ・ラーニング。

  ・車谷長吉 「抜髪」
  http://kousyou.cc/archives/3883

で、中学生・高校生になったら、道徳の時間とかに 「何を朗読するか? 太宰や車谷や中島みゆきは朗読するに値するか? わが闘争や共産党宣言の方がいいんじゃないか?」 などについてクラスで話し合って、朗読するものを決めればいい。

それだけのことざます。
そして、それがディベートというアクティブ・ラーニング。

(おまけ)
運動会の組み体操や体育の柔道なんかについても、そうやって決めればいい。

強行採決

写真は、強行採決



“体育の柔道禁止” のダイレクト・メール


今日は、山本太郎とおときた駿 (都議会議員) に、「学校の体育授業での柔道の禁止に協力してほしい」 というメールを出した。
文科省に言ってもたぶんムダなので。
(なんでもそうだけど、「そういうふうにする!」 と言い張ってる強者に、直接反対意見を言うことは、時間のムダだし、それ以上に自己陶酔という頽廃に至る無責任の見本ざます)

----------------------------
おときた駿 様

都政に関することではありませんが、おときた議員はブログやテレビ出演で影響力のある方なので、お力添えをお願いしたいです。

以下のわたしの意見は、本来は、文部科学省に訴えるべきことと思いますが、「教育勅語」「教科書検定」その他の現状を思えば、訴えても無駄でしょう。

そのようなしだいで、今回おときた議員に失礼を重々承知の上でご相談させていただこうと考えました。

      *

中学・高校の体育授業での柔道を禁止することに協力してください。

最近、学校の体育の武術に「銃剣道」が追加されました。
また、「高校登山訓練、“絶対安全”が雪崩で8人死亡」のニュースが騒がれましたが、柔道の危険性は「銃剣道」や「登山」の比ではありません。

学校の柔道(部活ふくむ)では、この30年間で100以上が死亡、300人近くが障害を負っています。骨折も含めたら千件単位になるかもしれません。

部活はある意味自己責任かもしれません。でも、体育の授業はちがいます。
あきらかに人災であり、各種競技の中でも突出して危険と報告されています。

以下、参考URLです。

・クローズアップ現代+
「多発する柔道事故」(2012.2.6)
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3153/1.html

・柔道事故被害者の会
http://judojiko.net/

・柔道授業で骨髄損傷 元高校生が県を提訴(2017.1.20)
http://judojiko.net/news/2461.html

以上、失礼は重々承知の上ですが、ぜひ、おときた議員にお力添えをお願いしたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
------------------------------------------

「Change.org」 のキャンペーンということも考えたけど、とりあえず手っ取り早いダイレクト (かな?) メールざます。

「学校の体育授業での柔道禁止」 に賛成で、ほかに思い当たる議員とか有名人がいる人は、上記のひな型を流用していいよ。


(おまけ)
荻上チキにも言いたかったけど、窓口がわからなかったので、闇雲だけど 「シノドスへのお問い合わせメール」 を使って 「学校の柔道の危険性について取り上げろ」 と言ってみた。
で、言った直後に、「ラジオでも取り上げろ」 とも言えばよかった、と思った。

その後、「あ。共産党か!」 と気づいたので、「ご意見」 にメールしようとしたら、普通は絶対出ないようなエラーが出てできなかった。党も赤旗も.....
もしかしたらヘイト・メールが多かったりして、党員以外はダメなのかもしれない。ま、そもそも 「朕」 だしね.....
なんにしても、役に立たねえ。ほんっとに役に立たねえやつらだ!!!!!
(ちなみに、民進党には送れました)

まあ、世論ということを思えば、ホントは、尾木ママあたりにテレビで言ってほしいんだけど.....

尾木ママ






忖度がいっぱい


「教育勅語反対!」 のリベラル会議は、なんで教育勅語なんかにこだわっているんだろう?
それが一番わかんない。

朕は 「とにかく、大ニッポン会議もリベラル会議も全員が唐突な人たちだなあ。ストレンジな人たちだなあ.....」 と思う。
そして 「現在の “大ニッポン会議 vs リベラル会議” 現象のいちばんのネックは、たぶんそのストレンジネスなんだろうなあ.....」 と思う。

なんの前フリも脈絡もなく、唐突に 「教育勅語で行こう!」 と言い出す人は変わってる。
そして、唐突に 「教育勅語で行こう!」 と言い出すストレンジな人の、そのストレンジネスを全然気にしない人というのも変わってる。

つまり、唐突に 「教育勅語で行こう!」 と言い出す人のストレンジネスを全然気にしないで 「教育勅語反対!」 とノリツッコむ人は、唐突に 「教育勅語で行こう!」 と言い出す人とおんなじように唐突な人・ストレンジな人、ということざます。

唐突な 「教育勅語で行こう!」 に対する普通のリアクションは、「え。なんで? どうして?」 だけ。
なので、「教育勅語反対!」 は、たぶん仲間同士のなんかそういう忖度ざます (!!!!)

  ・ 【 全世界と朕のバラード 】 こういう人が最低でも1人いないとたぶんイヤな世の中になる②
  http://balladchingworld.blog.fc2.com/blog-entry-334.html

インサイダー取引






キャット・バイ


本年度はボーイの大学受験ということで、本日、ながらく勉強部屋を猫部屋として占拠してきたキャットをしかるべき所に送り出した。
(もちろん保健所ではない)

すでに15年くらい不本意なライフ・ウィズ・ザ・キャットに悩まされてきた朕。
「これでやっと解放される。ああ、せいせいした」 ざます。

  ・全世界と朕のバラード 「サウンド・オブ “ サイレンス&ザ・キャット”」
  http://balladchingworld.blog.fc2.com/blog-date-201411.html

で。
本日午前中をもってキャット・バイとなった。

で。
ドーター&ボーイお見送りによるキャット・バイとなったあと、キャットの気配の消えたわが家にいた朕は、言うにいわれぬ不安感に襲われた。ハートが “ざわわ ざわわ” となっていた。

それが寂しさであることを理解するのにちょっとだけ時間がかかった。
そして、それは寂しさであった。
そして、そういう寂しさをずいぶん長い間忘れていたことに気づいた。

朕はもともとキャットがあまり好きではなかったから、キャットにそんなにやさしくなかった。だから、もっとやさしくしてやれば良かったなどとは思わない。

でも、今日あきらかに寂しかったのだから、ちょっとだけお礼を言う。
キャット、ありがとう。

猫トイレ




柔道廃止


--------------------------------------------
・「絶対安全」 が惨事に 高校登山訓練 雪崩
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017040200304&g=soc
--------------------------------------------


体育の柔道を廃止しろ。
「雪崩で8人」 と騒ぐんだったら。

柔道部ではこの30年間で120人近く死んでる。
障害・骨折も含めたら 「0」 が1つ2つ増えるんじゃないの?

まあ、部活はある意味自己責任かもしれない。でも、体育の授業はちがう。
さっさと廃止するべし。
あきらかに人災だし、「絶対に安全じゃない」とわかってるんだから (!)

柔道事故


・全国柔道事故被害者の会
http://judojiko.net/

・クローズアップ現代+ 「学校の柔道──100人を超える死亡、300人障害」
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3153/1.html




できないやつには止められない


--------------------------------------------
・人工知能が誰かの自殺を予測し、防ぐ日は近い
http://news.livedoor.com/article/detail/12882528/
--------------------------------------------

まずメイン・テーマ。
アニマルズやマシーンは自殺できない。できるのはヒューマンだけざます。
つまり 「基本的人権」 の核心ざます。

さらに。
A I によって自殺を案じられるヒューマンは、誰にも自殺を案じてもらえないヒューマンざます。
つまり 「死ぬしかない」。

というわけで、できないやつには止められない。

全自動自殺機械

写真は、全自動自殺機械 「シーソーとアイスキューブ」
http://gigazine.net/news/20101104_bill_thomas/




社会科


--------------------------------------------
・社会的所属を失ってしまった方へ
https://news.yahoo.co.jp/byline/kudokei/20140331-00033905/

なかなか就職活動が決まらない女学生は、就職が決まらない不安よりも、社会的所属がなくなることが不安と言いました。これまで 「○○高校○年○組みの工藤です」 や 「××大学××学部の工藤です」 というように自分が所属している社会的な場やコミュニティーを含めて、自分の存在を伝えてきた世界が突如なくなってしまうことは、想像しただけでも恐ろしいものです。
(略
定年退職もそれにあたるかもしれません。
(略)
社会的所属の有無とは別に、誰もがこの社会の一員なので 「社会人」 です。働いていること、就職していることが社会人の要件でも定義でもありません。
--------------------------------------------


正解。

ゆえに、学生にはできるだけ早めに 「社会的所属がなくなること」 を経験させるべきざます。社会科とかで。

記事にある 「お世話になった方にご連絡する」 「支援機関を探してアクセスする」 というようなアドバイスは、事前に社会科 「社会的所属を失おう!」 をきちんと履修してそれなりの学力がついている場合の話ざます。

ホームレス中学生




同性愛


ゲイ&レズビアンは、同性愛 (ホモセクシュアル) で性的マイノリティらしい。

でも、朕はそう思っていない。
いわゆるゲイ・カップルやレズビアン・カップルについては、以下のように考えている。

----------------------------------------
・男好きの (=女脳の) 男同士がラブとかセックスをするのがゲイ・カップル。
つまり、女脳が男ボディとラブとかセックスをするのがゲイ・カップル。
ゆえに、ゲイ・カップルは本当は異性愛のカップル。

・女好きの (=男脳の) 女同士がラブとかセックスをするのがレズビアン・カップル。
つまり、男脳が女ボディとラブとかセックスをするのがレズビアン・カップル。
ゆえに、レズビアン・カップルは本当は異性愛のカップル。
----------------------------------------

もちろん、以上は、話をわかりやすくするための極論で、現実のゲイ・カップルとレズビアン・カップルの内実には、いろんなグラデーションがあるとは思うけど。

というわけで、朕思うに──
同性愛って本当はないんじゃないの? 
さらに、“いわゆる同性愛” は本当は普通の異性愛なんだから、別に性的マイノリティじゃないんじゃないの?

どうよ? 朕はもっぱら発狂専門だから、なんか致命的な誤解があるかな? はは。
たぶん、誰もイエスもノーもも言ってくれないと思うけど。あははははは。


レインボーフラッグ


※ この話は、LGBTが差別されているという現象的なプロブレムとは異なるゾーンの話ざます。念のため。


(おまけ)
ついでだから、以上の朕の話とバッティングするかもしれない、もう一つ別のゲイの謎 (あくまでも、女脳らしいゲイの話ね)。
朕が以前から抱いていた疑問と同じ疑問をもったらしい女性のブログから。
http://spinou.exblog.jp/20822326/

----------------------------------
私がいつも不思議に思っていたのは、私の周囲にいるゲイのカップルの自宅に筋肉質の男のヌード写真や絵やオブジェがあれこれ飾ってあり、レズビアンのカップルの自宅には、豊満な女性ヌードの絵などが飾ってあることだった。
(略)
外見よりも人間性、取り換えのきかない自分だけを見てほしいと思わないのだろうか。私なら「自分の彼」がどこかの美女の写真を観賞用に飾っておくなどとても我慢できない。

しかし、どうやら、同性愛カップルの彼らや彼女らは、それらの「観賞用の図像」をいっしょに眺めては鼻の下をのばしているらしい。その心理が分からなかった。
----------------------------------

女脳なゲイの大多数って、実はボトムの部分で女脳度が低いんじゃないの?






«  | ホーム |  »

2017-04

プロフィール

 

朕

Author:朕
オーチン・ハラショー。朕ざます。
朕は、麻呂や主のようなものざます。
東京都在住。朕&ドーター&ボーイ。3人暮らしの朕ざます。

 

最新記事

 

 

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR