FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷笑家


---------------------------------------------
何も信じていない冷笑家が強欲である可能性は低い。
ホモ・サピエンスの客観的な生物学上の必要を満たすのに、たいしてお金はかからない。そうした必要が満たされた後は、もっと多くのお金を、ピラミッドを建設したり、休暇をとって世界中を旅したり、選挙運動を支援したり、お気に入りのテロ組織に資金提供したり、株式市場に投資してさらにお金を稼いだりするのにまわせる。
こうした活動はすべて、本物の冷笑家ならまったく無意味に思うだろう。
~「サピエンス全史」
---------------------------------------------

以上が、大人気の 「サピエンス全史」 の核心でありましょう。
「サピエンス全史」 は、あきらかに冷笑家である著者から大多数のヒューマンへの 「?」、冷笑家ではない大多数のヒューマンへの 「?」 からスタートしたのだと思う。


サピエンス全史0





スポンサーサイト

キング・オブ・キング・オブ・アニマルズ


-------------------------
・バイオエンジニアリングによってつくられる10の体パーツ
https://wired.jp/2013/10/06/bioengineering/
エンジニアと医師が協力することで、医学が変わる。バイオエンジニアリングによって、心臓や腎臓、肝臓をつくり出し、多くの人々の命を救うことができるようになるだろう。
-------------------------

AI 労働 & ベーシック・インカム。
食べて死ぬだけのプアーズ。

マイAI 脳 & バイオエンジニアリング・ボディ。
死なないお金持ち。

もう一回キングになるキング・オブ・アニマルズ。
それはつまり、二度手間。
ただただキングなだけで 「目的がない」 というメインテーマはそのままであった........

いったいどうするんざんしょ。

二度手間







ヘイト式





この世界的なヒット・ナンバーは 「憎しみと拒絶」 しか歌ってない。

特定の対象にむけた 「憎しみと拒絶のことば」 はヘイト・スピーチと呼ばれますが、この歌はすべて&自分に対する 「憎しみと拒絶のことば」 なので、キング・オブ・ヘイト・スピーチざます。
ふつうウケないヘイト・スピーチが、それもキング・オブ・ヘイト・スピーチがなぜヒットしたのか。

それは、カート・コバーンの 「センス(才能)」 のポテンシャルが、カート・コバーンの 「憎しみと拒絶」 のポテンシャルをはるかに凌駕していたからざます。

いや。ちがうな........

カート・コバーンの圧倒的な 「センス(才能)」 は、ヘイト・スピーチの中でしか発揮されないものだったからざます。





非国民


50%の棄権。50%の 「どうでもいい&わかんない」。
それは最も明確な最大多数の共通意見。

裸のマジョリティーズは、たった一枚 「人権思想」 というものだけをまとって立っている。
いつでも断崖に立っている。

そして、来るべき国民投票。
それは、断崖のマジョリティーズがそのプレゼンスをもっとも強烈に表出する機会となるでしょう。


非国民。人権。










人権思想と全体主義


投票率はいつだってほぼほぼ50%。
いつだってそうなんだから、ジャパニーズの50%はそもそもポリティカルとかどうでもいいし興味ないわけ。
「どうでもいい」 なのだから、一方的に 「無党派」 とか名づけて妙な国に拉致してはいけません。

50%の棄権、50%の 「どうでもいい&わかんない」 は、最大の共通意見ざます。
アクション込みの最も明白な最大意見が 「意見ではない」 と言われる世界。それが 「1984」 ざます。

『1984年』

 
人権思想と民主主義 (全体主義) は相容れません。
そしてさらに、「民主主義が全体主義であることはわかったけど、じゃあもう一方の人権ってなあに?」 につながっていく話ざます。


picture_pc_821fffcad0fab0922d9a9608819c9a0f0a7178d2.jpg





立憲主義


立憲主義とは、「国家の最高法規を、国家の主権より上位におく」 というしくみざます。

現在の代表的な最高法規には、イスラム世界のイスラム思想にもとずくコーランや、西欧世界の人権思想にもとずく憲法などがあります。
国家の主権というのは、王権とか民権とかざます。

ちなみに、「これが最高法規です」 と主張することの根拠として 、近代的な意味合いで 《正当性》 というものを提出できる最高法規は存在しません。
近代的憲法もふくめて、1個もありません。

で。
以下が、そんな立憲主義とちょっとした関係のある歌ざます。

-------------------------------------
報酬は入社後並行線で
東京は愛せど何にも無い
リッケン620頂戴
19万も持って居ない 御茶の水

マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ
毎晩絶頂に達して居るだけ
ラット1つを商売道具にしているさ
そしたらベンジーが肺に映ってトリップ



-----------------------------------

立憲って言ってる。........バッカーだけど。
それに、ちゃんとメチャクチャざます。





ピンチ! こども銀行


-------------------------------------
・仮想通貨と信用創造機能 (2017/06/02)
http://khiikiyat.blog.fc2.com/blog-entry-221.html

中央銀行 (日本銀行) は購入した国債の範囲内でしか一次マネーを発行しない。だから、それだけでは社会全体で必要とされる通貨を十分に供給することができない。そこで民間銀行に二次マネー (預金通貨) を発行させることで、社会全体で必要な通貨を供給するのだ。
(略)
民間銀行は融資と同時に借り手の預金口座に記帳するだけでよい。
このプロセスのことを (民間) 銀行による信用創造と呼び、社会全体で必要な通貨を供給する上では重要な役割を果たしている。
(略)

こども銀行


仮想通貨には民間銀行に相当する機関がないため、信用創造機能が存在しない。
(略)
最近は民間銀行による信用創造機能の必要性が弱くなっているように感じられる。一次マネーと二次マネーの残高を比較すると、一次マネーの残高に対する二次マネーの比率が下がっているのだ。 (略) 経済のデフレ化と国債の発行残高増加の影響である。民間銀行による信用創造機能がなくても、かなりの部分まで一次マネーでカバーできるようになっている。
(略)
信用創造機能を担ってきた民間銀行がその歴史的役割を終えようとしているのかもしれない。
中央銀行が国債を担保にして積極的に仮想通貨を発行するようになれば、民間銀行の役割は大きく縮小するかもしれない。
-------------------------------------

こども銀行ならではの 「100億円!(2Bえんぴつ手書き)」 こそが、実はキング・オブ・仮想通貨でした、という話でもある。



〈おまけ〉
-------------------------------------
・国営仮想通貨とは
  ── プーチンのロシア仮想通貨 「クリプトルーブル」 計画 (2017/10/18)
http://www.mag2.com/p/money/319727

クリプトルーブルはビットコインなどの仮想通貨とは異なるものとして、以下のように説明している。
クリプトルーブルはマイニング (採掘、ビットコインなどの新規通貨発行作業) では入手できない。また、ビットコインが中央管理体をおかずに不特定の参加者が新規通貨発行作業を行うことができることや、発行量には上限が設定されているのに対して、 (クリプトルーブルは) 政府等の公的機関がその発行と管理を行う仮想通貨である。
-------------------------------------






「サピエンス全史」


朕の書庫にお使いに行っていた家来が、ようやく 「サピエンス」 をもって戻ってきた。
あんまりのろまだから、労をねぎらってから射殺してやった。妻子のある男なので、残されたものたちも近々処分してやるつもり。かわいそうだから。

で、以下、叩き文句。

---------------------------------
アフリカで暮らしていた取るに足りない生物であったホモ・サピエンスは、なぜ食物連鎖の頂点に立ち、文明を打ち立て、地球を支配するまでに至ったのだろうか?
本書では、その鍵がホモ・サピエンスの 「虚構」 を信じる能力にあるとする。
ユヴァル・ノア・ハラリ著。
---------------------------------

ユヴァル・ノア・ハラリ。
ヘンな名前。
「ハラリ」 はたぶんウケ狙いざます。

まあ、ヘンな名前はヘンな名前なりにがんばって、朕の域にちょっとだけ近づいているようなので、軽いジャブくらいはよしとする。


サピエンス全史





第3知性


意味とかロジックというものがわかる。
それが第1知性ざます。

そして、意味やロジックを積み重ねた長めの話 (または文章) を、意味やロジックをキープしながら聞ける(または読める)。
それが第2知性ざます。

そして、意味やロジックを積み重ねた長めの話 (または文章) を忘れない。
それが第3知性ざます。

で、一番大事なのが第3知性。
第3知性がないと話になんないからざます。


鶏






あした


---------------------
・「教育無償化」 に加えて 「教育環境の格差是正」 を
http://www.huffingtonpost.jp/atsuko-kaizu/school-system_a_23239797/?utm_hp_ref=jp-homepage

幼稚園や保育園の費用が無料になることを反対するものではありませんし、大学生が (略) 学費の問題から進学をあきらめることのないようにする制度が不可欠なことは当然です。
ですが、(略) 環境格差の是正などが後回しにされているように思えてならないのです。
(略)
分数が入ってきたり勉強も難しくなったりしていく 「小3の壁」 があるとも言われる小学校3年生にも35人学級を広げる要望が毎年出されていますが、実現の兆しは全く見えません。
(略)
フランスでは、マクロン大統領が (略) 25人から最小で12人に縮小する少人数学級制度を公約の目玉の一つに掲げ、この9月にその制度がスタートしています。
---------------------

12人になって 「やっとわかった!」 と言ってる分数は、あしたもわかるんだろうか........




「Time Waits For No One」 Rolling Stones





「It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing ) 」


朕は、なにかをやったり言ったりするんだったら、できるだけおもしろくプレゼンしたいしおもしろく言いたいの。
サニーサイド、ダークサイド、角度はいろいろだけど、とにかくおもしろくしたいの。

“しなをつくる” ことにしか興味がない。
ものごころついた頃からそういう朕ざます。





〈付記〉
で、「チャームアップだよ、ヒューマンは」 というお気楽なスローガンを付記しようとしてたら、おそろしいことに気づいて 「うあ」 と思った。
ユキオはただただそういうことが言いたくて、ハラキリ (というスウィング) をしたのかもしれない(!)






仁王立ち


「千葉県在住。中肉中背。ムードに弱い私の妻を紹介します」

で、 “しなをつくる” ということを知らない市民社会の市民妻が全裸&無表情で仁王立ちしていた。
70・80年代のスワッピング雑誌で。

当時、そういう彼らのメンタルを支えていたのは 「人権」 だけであった。


ホームトーク


〈付記〉
で、いまや、「人権仁王立ち」 のオン・パレードざます。






レジスタンス


---------------------------
・投票棄権の賛同署名を集める東浩紀さん
http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/09/hiroki-azuma_a_23237074/?utm_hp_ref=jp-homepage

「今回の選挙、くだらなすぎる」
---------------------------


バカヤロー。やるんなら本気でやれ。
意見なんかレジスタンスじゃない。

投票しめきり間際に投票に行く。エコバッグに大きめのペットボトルをいれて。
で、投票するとみせかけて、箱にウンコとオシッコと墨汁を混ぜたのを流し込む。

あたりまえだけど、レジスタンスとはクライムざます。



「真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!」

「真剣にやれよ! 仕事じゃねぇんだぞ!」 森田一義






「どこもかしこも駐車場」 森山直太朗


どこもかしこも駐車場。だからこそ、もう車なんか来ない。

歴史とか労働とか、そういうレベルでのミーニングのロスト。
「ヒューマン」 のロスト。
その歌。







2回目


-----------------------
・茨城 妻子6人殺し 父親逮捕
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171007-00000524-san-soci

長女の夢妃 (むうあ) さん (11)
長男の幸虎 (たから) 君 (7)
次男の龍煌 (りゅあ) 君 (5)
三男の頼瑠 (らいる) 君 (3)
四男の澪瑠 (れいる )君 (3)
-----------------------

たったひとりでも正常な人間が周囲にいて、1回目の被害から救出されていたなら、2回目はなかったかもしれない.......とも思う。

ボーイが生まれたとき、名づけに関して、ママの方のおじいさんの中には 「夢男」 というアイデアがあった。
もちろん、朕の血筋を汚すわけにはいかないので、即座に軽蔑&一蹴してやった。

中学生になったボーイにその話をしたら、「よかった......」 と胸をなでおろしていたけれど、特にお礼は言われなかった。


とんぼ






«  | ホーム |  »

2017-10

プロフィール

 

朕

Author:朕
オーチン・ハラショー。朕ざます。
朕は、麻呂や主のようなものざます。
東京都在住。朕&ドーター&ボーイ。3人暮らしの朕ざます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。