FC2ブログ

Latest Entries

国を大切にしない国は衰退する


---------------------------------
・女性が子どもをもうけるともうかる国
http://www.huffingtonpost.jp/toru-kumashiro/child-decreases_a_23268778/?utm_hp_ref=jp-homepage

現代社会において、子どもをもうける主体となるのは、個人である。それも、男性ではない。実際に妊娠を選択し、出産をも選択するのは、女性個人である。
(略)
かつては、イエとか、国とか、そういったユニットが子どもをもうける主体者だった。子どもをもうける主体者は男性側だった、とも言い換えられるかもしれない。
(略)
子どもを産んで育てるほど幸せになれるとか、儲かって笑いが止まらないとか、そういう構図をつくれば、子どもは増える。
(略)
女性が子どもをどれだけもうけて育てるかは、国全体の命運を左右し、経済の行方をも左右する、一大事だ。その一大事が、女性それぞれの個人的な選択にゆだねられている以上、女性に対して豊富な選択肢を提供して、出産や子育てに携わる女性の立場や収入や権利を強化しない限り、国の衰退は不可避である。
(略)
母を大切にしない国は、父を大切にしない国や、老人を大切にしない国よりも早く、衰退するだろう。
-----------------------------------

総論としては、「なぜ衰退してはいけないの?」 と思う。
各論としては、この話は結局 「子どもをもうける主体となるのは女性個人ではなく国である」 という話だよなあと思う。否定的な意味ではなく。



日の丸フチ子





スポンサーサイト



お声


パークなどで遊んでいる1・2才くらいの小さい子。かたわらにママあり。
小枝のふりまわしや枯葉散らかしで喜んだり、意味不明なワードや歌を唱えたりしている。

そんな様子をみる時、朕はおばはん&バーサンのように 「かわいいお声ねえ」 と声をかけてみたい。

でも、それは叶わない。
なぜなら、おばはんでもバーサンでも尾木ママでもないから。

DSC_0356.jpg

DSC_01031.jpg

o0716096013624429163.jpg

23316267_2039563922985955_546007746519021410_n.jpg









«  | ホーム |  »

2017-11

プロフィール

 

朕

Author:朕
オーチン・ハラショー。朕ざます。
朕は、麻呂や主のようなものざます。
東京都在住。朕&ドーター&ボーイ。3人暮らしの朕ざます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR