Latest Entries

エリーツ


犬の散歩。それはおしっこ。

凡人、いわゆるパンピーの場合は、携帯しているボトルのフタをあけ、卑屈に腰をかがめてドボドボと水をかけ洗い流す。
しかし、イケてる文明人の場合は、携帯している新技術 「エリート」 (フタに小穴があけてあるボトル) を水鉄砲のように操って、超然と屹立したるまま 「ピュッ・ピュッ・ピュッーーー」 と洗い流す。

         *

以上が、去年読んだ小説 「バイ貝」 で町田町蔵が紹介していた 「エリート」。

さすがに町蔵は文明人だなあ。
でも、朕だってずっと前から朕なりの 「エリート」 を持ってるぞ。

朕の家にはちゃぶ台布巾というものがない。なぜなら 「エリート」 を持っているから。
で、これが朕の 「エリート」。

エリート

朕は台布巾で食卓をふいたりしない。貧乏くさい布切れでせわしなくマメマメしくふいたりしない。
「エリート」 で食卓に 「シュッ・シュッ・シュッーーー」。そして、ティッシュペーパーで優雅に 「サーッ・サーッ・サーーー」 ざます。

         *

町蔵や朕だけではないはず。
この世界にはさまざまな 「エリーツ」 が存在していると思う。
しかし、それら 「エリーツ」 の大半はいまだ知られざる叡智ざます。

「エリーツ」 はなぜ発見されないのか? なぜ隠されているのか?
それはおそらく、「エリーツ」 が 「エリーツ」 であるその所以、すなわち 「エリーツはおおむね瞬間的にしか出現しない」 という事情に拠るものと思われる。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

2017-04

プロフィール

 

朕

Author:朕
アザブジュバ~ン。朕ざます。
朕は、麻呂や主のようなものざます。
東京都在住。朕&ドーター&ボーイ。3人暮らしの朕ざます。

 

最新記事

 

 

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR