Latest Entries

小学生マシーン


今日はコンピューターの改造をした。

と言っても、コンピューターというものは存在しない。
コンピューターだと思われているものは、いくつかのマシーンの集まりざます。

今回はそれらマシーンの中の1つ、ハード・ディスク・ドライブ・マシーンを、新しく買ったグレートなヤツと入れ換えた。

コンピューターだと思われているもののフタをはずして、そういうことをするのは初めてだった。だから、悪魔のように細心の注意をもって臨んだ。

コンピューター

ただ、やろうとしていることが 「古いマシーンにつないである “豆電球の銅線っぽいのの集まり” をはずして古いマシーンを取り出し、新しいグレートを入れて “豆電球の銅線っぽいのの集まり” につなぐ」 という天使のように小学生なアクションだから、「たぶん、ちゃんと出来てもうれしくないだろうな」 と思っていた。

で、すぐに出来た。
バカチョン。
やっぱり、全然うれしくなかった。
そして、「ああ。結局のところ、ただ買い物をしたっていうだけの話なんだよなあ.....」 と思った。

(付記)
小さいときから、絵を描くことや工作が好きだった。
小学生のときは、そういう少年のおきまりのアクションとして、学研の「科学」を買っていた。毎号の付録を楽しみにして。
でも、いま思うと、「科学」の付録を作って楽しいとおもったことはなかったような気がする。

結局、朕の場合は、絵を描くことや自由工作の快楽が、「科学」の付録に先行していたということだと思う。
だから、自前の発想や自前の工夫100%でゼロからなにかを作り出すこと以外は、なにかを「作る」ことだと思っていないんだと思う。

贅沢だ....


(おまけ)



マシーンとか変なスペース音とかがからむ。それが小学生。
歌っているのは、その後モーターヘッドになった人。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

2017-10

プロフィール

 

朕

Author:朕
オーチン・ハラショー。朕ざます。
朕は、麻呂や主のようなものざます。
東京都在住。朕&ドーター&ボーイ。3人暮らしの朕ざます。

 

最新記事

 

 

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR