Latest Entries

キャット・バイ


本年度はボーイの大学受験ということで、本日、ながらく勉強部屋を猫部屋として占拠してきたキャットをしかるべき所に送り出した。
(もちろん保健所ではない)

すでに15年くらい不本意なライフ・ウィズ・ザ・キャットに悩まされてきた朕。
「これでやっと解放される。ああ、せいせいした」 ざます。

  ・全世界と朕のバラード 「サウンド・オブ “ サイレンス&ザ・キャット”」
  http://balladchingworld.blog.fc2.com/blog-date-201411.html

で。
本日午前中をもってキャット・バイとなった。

で。
ドーター&ボーイお見送りによるキャット・バイとなったあと、キャットの気配の消えたわが家にいた朕は、言うにいわれぬ不安感に襲われた。ハートが “ざわわ ざわわ” となっていた。

それが寂しさであることを理解するのにちょっとだけ時間がかかった。
そして、それは寂しさであった。
そして、そういう寂しさをずいぶん長い間忘れていたことに気づいた。

朕はもともとキャットがあまり好きではなかったから、キャットにそんなにやさしくなかった。だから、もっとやさしくしてやれば良かったなどとは思わない。

でも、今日あきらかに寂しかったのだから、ちょっとだけお礼を言う。
キャット、ありがとう。

猫トイレ




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

2017-10

プロフィール

 

朕

Author:朕
オーチン・ハラショー。朕ざます。
朕は、麻呂や主のようなものざます。
東京都在住。朕&ドーター&ボーイ。3人暮らしの朕ざます。

 

最新記事

 

 

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR