Latest Entries

よろずや


------------------------------------
・団地コンビニ100店
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO15376110W7A410C1TJC000/

セブン (イレブン) は団地内で、日々の買い物に悩む高齢者など向けに食事宅配を提供するほか、身の回りの悩みを解決するサービスも検討する。
鍵の紛失解決や水道トラブルへの対処、粗大ゴミの搬出といったJSが手掛ける団地管理業務の一部をコンビニでできるようにする。
コンビニはオフィス街や大学構内といった立地のニーズに合わせて品ぞろえを変更しているが、団地内でも地域住民の要望を反映させていく。団地内に住む主婦や学生らを店員として雇用する。
(略)
セブンは団地内のコンビニで蓄積した品ぞろえや住民サービスのノウハウを、地方にある店舗にも導入していく考えだ。
------------------------------------

都会の 《グローバル&スタンダードイズム・互換可能性》 を24時間体制で支えているのは、もはやコンビニだけ。
そして、団地や地方の 《ローカリズム・互換不可能性》 を支えようとしているのもコンビニであった、という話。

で。
よく考えてみれば、以上の経緯は当然のことなのかもしれない。
コンビニとはそもそも、「コンビニエンス」という抽象 (!) を提供するストアざます。

コンビニの 「コンビニエンス」 という抽象は、たぶん 「公務」 という抽象に近づきつつあるように思う。
(団地コンビニは、年寄りとママとチルドレン仕様なので、エロ本は置かないらしいよ。はは)

万事屋よ永遠なれ

よろずやの世界に二項対立とかはない。なぜなら、よろずやだから。
そして、よろずやは小さい。なぜなら、どこにでも存在しなければならないから。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

2017-04

プロフィール

 

朕

Author:朕
アザブジュバ~ン。朕ざます。
朕は、麻呂や主のようなものざます。
東京都在住。朕&ドーター&ボーイ。3人暮らしの朕ざます。

 

最新記事

 

 

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR